シンプルだから差が出る!「シャツ×デニム」で作る大人コーデ

FASHION HOLICS編集部 2019.5.15

定番中の定番ともいえる「シャツ×デニム」のコーデ。だからこそ、その着こなしにはおしゃれの真価が問われるところです。そこで今回は、シンプルだけど洒落感たっぷりな「シャツ×デニム」のコーデをご紹介します。手抜きに見えない「シャツ×デニム」の着こなしを、ぜひマスターしてくださいね♡

大人だからこそ「シャツ×デニム」をカッコよく着こなしたい

「シャツ×デニム」のワンツーコーデはシンプルな組み合わせだけに、ときに手抜きに見えてしまうことも。センスよく着こなしたいなら、シャツの素材や配色、小物使いに気をつけることが重要なんです。そこで今回は、「シャツ×デニム」の見本コーデをお届けします。

出典:

白シャツ×ブルーデニムのTHE王道コーデも、女らしいシルエットが際立つとろみ素材のシャツにアップデートするだけで、ぐっと洗練された着こなしに仕上がります。裾をウエストインしてベルトマークすれば脚長見えも確実。頭に巻いたカラフルなスカーフで華やかなアクセントをプラスしましょう。

出典:

黒よりも柔らかく女らしい雰囲気で纏えるカーキのシャツには、色落ち感のあるグレーのスキニーデニムを合わせてワントーンに仕上げるのが気分。ともすると地味に見えてしまいそうなカーキ×グレー配色も淡色のストールとクラッチバッグで明るさを添えることで、グッとスタイリッシュな着こなしに見違えます。

出典:

ハリ感のあるペールピンクのシャツなら、デニムと一緒でもカジュアルになりすぎることなく大人っぽさをキープできます。デニムもセンタープレスの入ったきちんと感のある一枚をチョイスして、ピンクが持つ糖度を程よく中和させましょう。シャツとカラーリンクさせた鮮やかなベリーピンクのミュールでおしゃれ度を増量♡

出典:

シャツ×デニムの定番コーデを手っ取り早く鮮度アップするには、柄シャツを持ってくるのも手。赤&黒配色と胸元のカシュクールデザインが色っぽいチェリー柄シャツを投入すれば、大人可愛いカジュアルスタイルを実現できます。

出典:

爽やかさと知的さを両得できるブルーのシャツは、大人のワードローブに備えておきたいアイテムのひとつ。シャツのトーンに揃えた控えめなウォッシュ加工のブルーデニムを合わせれば、誰からも愛される清潔感のある着こなしに。襟元に結んだスカーフで女らしさをちょい足しすることで、お仕事コーデにも対応できそう。

出典:

ひとクセ効かせたストライプ柄のデザインシャツには、裾がラフにカットオフされたデニムを合わせて肩の力が抜けた着こなしに仕上げるのが◎。モノトーンキャップとハイテクスニーカーでスポーティーなニュアンスを足し算すれば、今っぽさが急上昇すること確実です。

「シャツ×デニム」で誰よりもおしゃれに♡

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード