似合わないと思ってない?体型別・真冬のパンツお悩み解決法

FASHION with編集部 2018.12.10

今季はパンツ人気が沸騰中! 普段スカートが多い人は、パンツスタイルに苦手意識のある人も多いのでは……? 「パンツは背が高くて脚長な人にしか似合わない!」わけではないんです。「背が低くて脚が短い」、「お尻が大きい」、「ももが張ってる」など3つの悩み別に似合うパンツをご紹介。気負わずいろいろなパンツスタイルに挑戦して、冬のオシャレを楽しんで♡

【体型の悩み1】背が低い、脚が短い!

Sサイズさんには、“履かれてる”感の出るオーバーサイズは禁物。足首を見せ、すらりと縦長に見せるセンタープレス入りのテーパードパンツがおすすめ♡

足首が見える丈のテーパードパンツですっきり見せ

脚長に見えるよう計算された、タック&センタープレス入りのパンツならSサイズさんでも安心。ウエストはゴム仕様なので、ラクチンなのも◎。足首部分はブーツでつなげて脚長効果を倍増させて。

抜けを作ってすっきり見せる八分丈がポイント。ハットをプラスして目線を上に、ヒール靴で少しでも脚を長く、など小物使いでも脚長効果を意識して。

これもおすすめ!
スウィングルのセンタープレス入りのパンツ。つかず離れずなシルエットが、脚をほっそり見せてくれる効果アリ。

【体型の悩み2】お尻が大きい!

お尻が大きいと、「ウエストのサイズに合わせるとヒップがパツパツなのに、ヒップに合わせるとウエストがゆるい」とパンツ選びに悩みがち。そんなときは、調整しやすいウエストがゴムタイプのパンツを選ぶと◯。 後ろ側がゴムになったパンツなら、お尻にたっぷりギャザーが寄るから、お尻の大きさが目立たない!

「ハイウエスト」+「ゴム」でお尻をカモフラージュ

太ベルト付きハイウエストパンツなら、脚長効果もあり、美くびれを作ってくれます。トップスをボタン付きニットにすることで、縦ラインを強調。全体を同系色にまとめることでも縦長の印象がUP。

たっぷりギャザーがお尻の大きさをカモフラージュ。ウエストは強調してシルエットにメリハリをつけて。ボトムにボリュームが出るので、トップスは抜けの出るオフショルダーにすると◎。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード