この夏のイットアイテム♡「サテンスカート」でコーデを刷新

FASHION HOLICS編集部 2019.7.10

コーデがシンプルになる夏はおしゃれもマンネリになってしまいがち。鮮度アップをはかりたいなら、今年は「サテンスカート」を取り入れるのが正解です。いつものボトムスを「サテンスカート」にチェンジするだけで最旬の着こなしを手に入れることができます。今回は、そんな「サテンスカート」にフィーチャーしました。

「サテンスカート」でシンプルなコーデもおしゃれに見違える

ツヤッと滑らかな質感のサテン素材のスカートは、女性の魅力を引き出してくれるアイテム。キレイめなアイテムはもちろんのこと、Tシャツやキャミソールなどの夏の定番カジュアルアイテムと合わせても着映え感のある着こなしを完成できます。さっそく、「サテンスカート」を使ったコーデ実例をチェックしていきましょう。

出典:

今シーズン、おしゃれ女子から注目されているネオンカラーのサテンスカート。一見難易度が高そうに見えますが、軽やかに風になびくフレアーシルエットの膝下丈スカートなら、派手色でもコーデにスッと馴染んでくれます。トップスには清潔感のあるコットンビスチェを持ってきて、大人可愛く仕上げましょう。

出典:

大きめ&カラフルなフォントのロゴTシャツは、女っぽスカートでカジュアル感を中和するのが大人流。まろやかなベージュのサテンロングスカートと、同色のハイヒールサンダルで女らしさを盛れば、イマドキ感満点なMIXコーデを完成できます。キレイ色のバッグで華やかさを上乗せして。

出典:

爽やかな淡いブルーのサテンスカート&ミュールの大人っぽコンビに、キレイめなトップスを組み合わせるとやりすぎ感が出てしまうから、アニマル柄のTシャツで適度にハズしを加えるぐらいが丁度いい♡ 短め丈のTシャツをチョイスすれば、ミディ丈スカートともグッドバランスにまとまります。

出典:

くすみパープルのサテンスカートは、黒トップスを合わせて大人っぽく着こなすのが気分。スカートと同色のジャケットを腰に巻いてアクセントにする一工夫で着こなしにメリハリが生まれ、スタイルアップも叶います。ドレッシーに傾きすぎないように、足元はスニーカーで程よくカジュアルダウンしましょう。

出典:

パステルカラーは可愛いけれど、甘くなりすぎてしまうのが難点。大人が取り入れるなら、ツヤッとしたサテン素材でさりげなく糖度調整するのが◎。デコルテをキレイに見せてくれるシンプルな白のキャミソールを合わせることで、上品でセンシュアルな着こなしを実現できます。

出典:

サテンアイテム初心者さんでも取り入れやすいのが、主張の強くない白のサテンスカート。サテンとトップスに合わせたスウェットの異素材MIXがイマドキ感を後押ししてくれます。トップス、ボトムスともにゆったりとしたシルエットだから、のっぺり見え回避のためにチェック柄シャツやサングラスをプラスするのがポイント。

着るだけで華やぐ「サテンスカート」をワードローブに一枚♡

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード