これがなくちゃ始まらない♡春コーデには「スカーフ」をフル活用

FASHION HOLICS編集部 2019.4.1

昨シーズンあたりからじわじわと人気が高まってきている小物といえば「スカーフ」。おしゃれな人たちがこぞって取り入れていることもあって、この春も引き続き話題になっています。そこで今回は、最新の「スカーフ」活用法とコーデ実例をご紹介します。一点投入で印象がガラッと変わるからさっそく試してみて!

活用法1 首にコンパクト巻く

キレイめなコーデはもちろんのこと、カジュアルなコーデにもしっくりハマるのが「スカーフ」の魅力。コーデに物足りなさを感じたときに投入すれば、華やかなアクセントとして効力を発揮してくれます。

出典:

グレージュのニットにツヤ感スカートを合わせたシンプルなワンツーコーデは、それだけだと寂しく見えてしまうから、アクセサリー代わりにスカーフを投入するのが正解。淡いイエローのスカーフをチョイスして首元にコンパクトに巻くことで、おしゃれ度3割増しを狙えます。

出典:

キレイめアウターの代表格ともいえるトレンチコートとスカーフは鉄板のコンビ。モノトーン配色でまとめたコーデ×トレントコートのマニッシュな着こなしに、カラフルなスカーフをプラスすれば顔映りがパッと明るくなり、女らしさを上乗せすることができます。

出典:

スポーティーなロゴスウェットにフェミニンなフレアースカートを合わせたテイストMIXコーデ。トップス、ボトムスともにゆったりとしたシルエットのアイテムを投入するときは、のっぺり感を回避するためにも、首元のスカーフで目線を上に持ってくるのがコーデ成功の秘訣です。スカーフはラテカラーのスウェットとカラーリンクさせたレオパード柄を選ぶと、よりイマドキに傾けられます。

活用法2 バッグにさりげなく巻く

スカーフビギナーさんでも挑戦しやすいのが、バッグの持ち手部分にくるりと巻きつけるアレンジ方法。コーデのつなぎ役や差し色として活躍してくれます。バッグに巻くスカーフは少し大きめのサイズを選ぶのが好バランスです。

出典:

全身を白〜ベージュのニュアンスカラーでまとめたコーデは、なんだかメリハリがなくなってしまいがち。かごバッグの持ち手に鮮やかなスカーフを無造作に巻いて、コーデに差し色を加えるようにしましょう。

出典:

アンサンブルニット×白デニムパンツの定番コーデを手っ取り早くブラッシュアップしたいなら、スカーフの力に頼るのが賢い方法。かっちりとしたトートバッグに大きめのスカーフをあしらって、今っぽいニュアンスをプラスして。スカーフの配色をニット&パンツと揃えれば、着こなしに統一感が生まれます。

活用法3 ヘアアクセとして使用する

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード