「こっくり色」使いの大人シンプルコーデであか抜ける秘訣とは?

FASHION ViVi編集部 2017.10.24

この秋冬はいつになく深みのある、こっくりとした色が主流に。オシャレに見える分、主張もする色なので、「こっくり色」をメインにした着こなしにはまだ少し苦手意識があるはず。そこで、「こっくり色」をメインにしたコーディネートの秘訣をご紹介。「こっくり色」で作る大人シンプルコーデ、マスターすればあか抜けること間違いなしです。

  • facebook
  • twitter

「色×モノトーン」をベースに考えてみると意外に簡単!

最初にトライするなら、モノトーンをベースにこっくり色を足してみて。「1+1」の法則でシンプルにまとめて、合わせの黒はさらっとした素材、白ならのっぺりとしない特徴のある素材をセレクトすることでオシャレに決まります。

ピンクとマスタードのメジャーコーデ

マスタードのニットと、ピンクのベロアパンツは黒と合わせてコントラスト強めを意識してコーディネートを。合わせる小物も黒系で潔く統一すると、大人にまとまって失敗なし。

シャギーニットとコーデュロイパンツのコーデ

もこもことしたボルドーのニットに、白のコーデュロイパンツでトレンド感はMAX。でも、ベースがシンプルだからtoo muchにならず、大人っぽく決まる組み合わせです。

スニーカーでハズすイレギュラーヘムスカート

レディライクなイレギュラーヘムスカートも、鮮やかなターコイズブルーを活かしてシンプルにまとめて。スカートと白のフリンジニットとの質感の差がシャレて見えます。

「色×デニム」で考えてみるのもテ

万能なデニムとなら色を効かせても奇抜になりづらく、比較的着やすいはず。カジュアルすぎないように、ロング丈や濃いめのインディゴなど、デニム自体が大人顔のものを選ぶのも大事です。また、程よく肌見せも取り入れて、女らしい抜け感を。

背中あきがセクシーなピンクのベロアトップスは、デニムでカジュアルダウンさせるくらいがいい塩梅。ロンスカなら、女らしいシルエットもしっかりキープできます。

「色×アースカラー」でも考えてみる

実はこっくり色とアースカラーは絶妙な相性。ハマりすぎる分、ともするとコンサバ臭がしてしまうこともあるので、ひとくせある小物を足すといいバランスに。

  • page 1 of 2
  • 1

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

FASHIONファッション

TOTALすべての記事