まだまだトレンド継続中!「レギンス」で春をおしゃれに乗り切る

FASHION HOLICS編集部 2019.5.2

この春も街中を席巻している「レギンス」。楽ちんなのにおしゃれにキマって、スタイルがよく見えるということもあって、おしゃれ女子のワードローブに欠かせない存在になっています。とはいえ、着こなし方が難しそう……という声もチラホラ。そこで今回は、「レギンス」を使ったお手本コーデをピックアップしました!

「レギンス」でおしゃれ偏差値は急速にアップ♡

いつものデニムやスキニーを「レギンス」にスイッチするだけで、ぐっとこなれた印象に見違えます。スカートやワンピースとのレイヤードも簡単だから、「レギンス」が一枚あればおしゃれの幅も一気に広がること間違いなし! さっそく着こなし方をマスターして、春のおしゃれ偏差値をアップしちゃいましょう。

出典:

お尻が隠れるくらいのオーバーサイズのスウェットにレギンスを合わせたワンツーコーデは、シンプルだけど今っぽさ抜群の組み合わせ。縦のラインが際立つ太めリブのレギンスなら、脚長効果も期待できます。黒のウエストポーチやサンダルで淡色をピリッと引き締めて、リラクシーながらもメリハリのある着こなしに。

出典:

長めのタイトスカートには、スリット入りレギンスをレイヤードするのが正解。隙間からチラリと見える肌が、程よい抜け感を演出してくれます。大きめのシャツをアウター風に軽く羽織って、ラフなニュアンスを加えましょう。全体を淡いベージュ〜白のワントーンでまとめれば、おしゃれ上級者の風格が漂います。

出典:

今シーズンはシャツワンピースも一枚で着るのではなく、レギンスをレイヤードするのが気分です。清潔感たっぷりなパキッとした白に、黒のレギンスを合わせるとコントラストが強くなりすぎてしまうから、女らしい柔らかさのあるグレーをチョイスして。ダッドスニーカーで足元にボリュームを持たせるとバランスよくまとまります。

出典:

ともすると少年っぽく見えてしまいそうなプリントフーディーを大人っぽく着こなしたいなら、タイトスカート&レギンスを投入して女らしさを盛るのが◎。スカートとレギンスの色をリンクさせることで、Iシルエットが強調されてスタイルアップも叶います。足元はクリアサンダルで軽やかに仕上げましょう。

出典:

花柄ワンピース×デニムジャケットは春の鉄板コンビだけに、毎回同じ印象になってしまうことも。レギンスを裾からちょっぴり覗かせるワンテクニックで、今年っぽい着こなしにシフトできます。ワンピースの可愛らしさを崩さないグレーのレギンスを選ぶのもポイント。

出典:

キレイ色のニットカーデにふんわりチュールスカートを合わせたフェミニン度数高めの着こなし。それだけでも十分に可愛いけれど、レギンスをレイヤードすればワンランク上のガーリーコーデが手に入ります。淡色同士の組み合わせはのっぺり見えしてしまうから、アクセントに太めの黒ベルトを投入しましょう。

この春のおしゃれには「レギンス」が欠かせない!

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード