春っぽカラーナンバーワン!最愛「ベビーピンク」をコーデの味方に

FASHION HOLICS編集部 2019.3.16

この春もトレンドの中心になりそうなキレイ色アイテム。各ブランドからざまざまなキレイ色がリリースされている中で、アラサー女子に特にオススメしたいのが「ベビーピンク」。柔らかな色合いで主張しすぎることなくコーデにスッと馴染んでくれ、女らしい雰囲気を纏える最強カラーなんです♡

アラサー女子にもぴったり!「ベビーピンク」が春の注目株

出典:

春の訪れとともに取り入れたくなるキレイ色ですが、ビビッドなトーンだと派手見えしてしまいそうで少しハードルが高いのも事実。でも、ほんのりベージュや白みがかったピンクなら、大人でも気軽にトライできるはずです。そこで今回は、一点加えるだけでたちまち優しげで女らしい着こなしを叶えてくれる「ベビーピンク」をピックアップ。コーデ実例とともにご紹介します。

着映え感抜群♡「ベビーピンク」をコーデの主役に!

出典:

今の時期に重宝する軽めのアウターも、今年はベビーピンクをチョイスしてみて。インに合わせるコーデを白やベージュなどの淡い色で統一すれば、春の始まりにふさわしい明るさのある着こなしに仕上がります。アウターなどの大物で取り入れても上品に落とし込めるから、お仕事シーンにも最適!

出典:

ベビーピンク&マニッシュなシルエットのパンツなら、普段あまりピンクを選ばない人でも照れずに着こなすことができます。トップスにクリーンな白のニットを持ってきて、ベビーピンクの魅力を最大限に引き出しましょう。白×ピンクのまろやかな配色で好感度のアップも期待できます。

出典:

ベージュ寄りのベビーピンクのニットはどんな肌色にも似合いやすい優秀カラー。色自体に甘さがあるので、レオパード柄スカートやウエスタンブーツなどのアイテムを合わせて、ほんのりと辛口なニュアンスをプラスするのが◎。デコルテが見える変形デザインが女らしさを加速してくれます。

出典:

ニットとスカート、バレエシューズと少しずつ濃度が異なるピンクを組み合わせた着こなし。難易度が高そうなグラデーションコーデも淡いピンクを軸にすることで違和感なく馴染みます。かごバッグで少量の黒を効かせて全体をグッと引き締めれば、より大人っぽい雰囲気に。

出典:

ベビーピンクのレザーブルゾンなら、黒やグレーのようにハードな印象にならず女らしく着こなすことができます。白ニット×黒パンツのシンプルなモノトーンコーデの上からさらりと羽織って、ニュアンス感たっぷりな甘辛MIXスタイルに仕上げましょう。

出典:
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード