スタイルアップもおしゃれ見えも叶う!「ワイドデニム」を味方に

FASHION HOLICS編集部 2019.4.3

ワードローブの定番アイテムともいえる「デニムパンツ」。でも実際は「下半身が太く見えてしまいそう」「カジュアルになりすぎてしまう」といった理由で苦手意識を持っている大人女子が多いのが実情のよう。そこで今回は、そんなお悩みを即解決してくれる「ワイドデニム」をピックアップ。着こなし実例ともにご紹介します。

大人女子にも似合う万能デニムはワイドシルエット

出典:

太ももから足首にかけてゆるやかに広がるシルエットが特徴的な「ワイドデニム」は、脚のラインを拾わないので、体型を気にすることなく履けるのが最大の魅力。しかも、細身のデニムよりもこなれた着こなしを完成できるから、大人女子こそ手に入れておきたいアイテムなんです。

「ワイドデニム」で大人のデニムスタイルを楽しんで♡

出典:

さりげなく入ったセンタープレスや落ち感のある生地が、脚をまっすぐに見せてくれるワイドデニム。トップスにごくごくシンプルなブラウンカラーのノースリニットを持ってきてボトムインすれば、デニムの美しいシルエットを強調できます。ベージュのニットを肩に巻いて上半身をラテカラーでまとめることで、いっそう今年らしい雰囲気に。

出典:

カラーシャツにデニムパンツを合わせただけのシンプルコーデもサマになるのは、ハイウエスト&ワイドシルエットのデニムだからこそ。腰まわりに女らしい丸みがありつつも、すっきりと履きこなせるのでデニム初心者さんでもコーデしやすいはず。かごバッグやベージュのサンダルなどナチュラルな小物をプラスして抜け感を演出しましょう。

出典:

黒パンツのような感覚で取り入れられる濃いインディゴのデニムパンツなら、オフィスなどきちんと感が求められるシーンにも対応できます。かっちりとしたジャケットを合わせても違和感なく馴染んでくれるのが嬉しい♡ ジャケットのインにオフショルのボーダーニットを投入することで、女らしさを上乗せして。

出典:

大胆な鎖骨見せニットも上品なフレアーシルエットのデニムパンツと一緒なら、ヘルシーな印象に落とし込むことができます。顔色をパッと明るく見せてくれるチアフルなカラーニットに合わせるデニムは、濃すぎず薄すぎない絶妙な色味が◎。細ベルトや高ヒールのパンプスをプラスすれば、脚長効果も狙えます。

出典:

清潔感があって爽やかな印象で履きこなせる白のワイドデニム。パステルブルーのニットや白ベースのロングシャツを合わせて、全体を淡い色でまとめるのが今年流。膨張して見えがちな白のパンツも脚のラインが目立たないワイドシルエットをチョイスすれば、細見え効果が期待できます。

「ワイドデニム」なら理想の着こなしが手に入る

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード