UV&美容効果も!CCクリームで肌ケアしながらすっぴん美肌♡

BEAUTY 2018.1.6

韓国で生まれたCCクリームですが、今や日本でもどんどんアイテム数が増えてきています。肌色コントロールやUVケアだけにとどまらず、環境ダメージからも守ってくれるものなど、その進化は止まらない!? 今回はそんなCCクリームについてご紹介します♡

  • facebook
  • twitter

「CCクリームって何?」今さら聞けない基本を解説

出典:

「CCクリームって聞いたことあるけど、BBクリームと何が違うの?」という疑問を持っている人、まだまだ多いのでは? BBクリームは肌を保護しながら欠点をカバーする目的のものですが、CCクリームは欠点をカバーするというよりは“素肌をキレイに見せる”のが目的。肌色補正をして欠点をカモフラージュしつつ、肌を明るくして滑らかな素肌を作ります。日焼け止め効果や美容効果もあり、素肌をキレイにみせてくれる強い味方!

肌を脅かすのは紫外線!それ以外にブルーライトや大気汚染も

出典:

肌にとって紫外線はとっても怖いものです。紫外線対策をせずに過ごしていると、何年か後にはシミやシワだらけの肌になってしまうということも。そのためには日々の紫外線対策が必要不可欠ですが、スキンケアをして、日焼け止めや化粧下地を塗って、ファンデーションを塗って……と毎日繰り返すのは大変ですよね。それを楽にしてくれるのが、CCクリーム! 日焼け止め効果のあるものが多く、肌に負担をかけずにナチュラルメイクに仕上げてくれます。

ブルーライトや大気汚染も肌に影響!?

出典:

紫外線だけでなくスマホやパソコンのブルーライトや、大気汚染といったものも肌に悪影響があると言われています。すっぴんでいたい日でも、まったく何も塗らないのはNG。CCクリームをつけることで肌を守り、美容効果によって肌を整えましょう!

改めて知っておきたい「CCクリームの塗り方」

CCクリームは、基本的に薄塗りでナチュラルメイクに仕上げるもの。そのためには『手』で塗るのがおすすめです。厚塗りになりすぎないように気をつけましょう。

パーツごとに少しづつ乗せていく

1回に使う量はパール粒大くらいが目安。直接顔につけるのではなく、まず手の甲に使う量を出します。そこから指を使ってパーツごとに顔に乗せていきます。まずは面積の広い頬から、目元→鼻→額→口元の順番で少しづつ伸ばしていきます。

薄く、均一に仕上げるように心がける

薄く均一になるようにしっかりクリームを伸ばします。境界線ができないよう、ぼかすのもコツ。このとき、あまり力強くゴシゴシとこすると肌にダメージを与えてしまうので気をつけましょう。

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事