ベース作りも重要!ピンクで作るアラサー女子のオフィスメイク♡

BEAUTY HOLICS編集部 2019.7.5

ピンクは、時代や年齢を問わず女子にとって永遠の憧れカラー。アラサー女子がオフィスメイクで取り入れるなら、子どもっぽさや甘さを回避することが大切です。そこで今回は、お仕事向けピンクメイクの作り方を解説! ピンク色を生かすために重要なベースの作り方から、アイシャドウ、アイライナー、リップなどのおすすめコスメまで大公開しちゃいます!

出典:

オフィスメイクの場合、ナチュラルなすっぴん風より、ある程度メイク感のあるほうが頼れる先輩感やデキる後輩感が出やすくなります。きちんと華やかな印象のオフィスメイクを目指すには、紫がかった青みが混じるピンクをチョイスするのが◎。深みのある存在感としっかり感が宿り、職場で一目置かれるオーラを放てます。

出典: / / 使用するコスメはコチラ
出典: 1 眉尻は長めにキリッと

Aの眉ペンシルで毛並みに沿って自然に眉を描きます。眉尻は少し長めにくっきりと。

出典: 2 目尻側を重めにする

Bで下粘膜を埋め、Cのa+bをアイホールに広げ目尻側に重ね塗る。

出典: 3 目元を引き締める

上まつげの隙間をDのダークブラウンのライナーで埋めて目力アップ。

出典: 4 黒マスカラを根元塗り

Eのブラシをまつ毛の根元に置くように塗り、フレームを強調する。

出典: 5 頰に透けるピンクを

Fの青みピンクのチークを、頰骨に沿ってキュッと持ち上げるイメージでひと塗り。

出典: 6 境目をパウダーでぼかす

色みが出すぎないように手持ちのファンデーションを境目に軽く重ねてぼかす。

  • 2/3ページ
  • Icon paging first
  • 2

関連記事&キーワード