憧れのサラサラヘアに♡「ヘアブラッシング法&おすすめブラシ」

BEAUTY HOLICS編集部 2019.2.28

美しい髪を手に入れるためには、ブラッシングという基本ケアを怠るべからず! ブラッシングで頭皮からケアしてあげれば、もつれ知らずのサラツヤヘアがゲットできます。ブラッシングのポイントをしっかりおさえて、悩みや髪質に合ったヘアブラシを見つけましょう。

ブラッシングで美髪がつくれるってホント!?

基本ケアでありながら忘れられがちなブラッシングに、再び脚光が。実はコレ、美髪度が上がる一番ラクなワザなのです! 

ViVi2019年3月号

「ババッととかして、引っかかっても気にしない」という雑なブラッシングは、美しい髪のためには絶対NG。まずは2つのポイントをおさえておきましょう。

【ブラッシングポイント1】無理にとかさず、ダメージをつくらない

出典: gettyimages

ブラッシング時、髪の毛に負担をかけるのは絶対にダメ! 髪を無理にぎゅーっと引っ張りながらとかすと、キューティクルがはがれ、枝毛や切れ毛の原因に。特にロングヘア人は絡まりやすい毛先を少しずつとかしてから、全体にブラッシングするようにしましょう。

【ブラッシングポイント2】ブラシで頭皮をマッサージする

出典: gettyimages

「頭皮が凝り固まると栄養を与えても浸透せず老廃物になるだけ。まずは、きちんと耕すことが大切」(CRECELA 代表KEiTAさん)

FRaU2017年6月号

頭皮をブラシでマッサージするように心地良く刺激すれば、いつものブラッシングがより効果的に! 頭皮の血行が良くなることで、顔色まで良くなる嬉しい効果も期待できます。

入浴前後のブラッシングが美髪に効果的!

入浴前後にもブラッシングを取り入れれば、美髪度がぐんとUP! 頭皮環境が良くなり、シャンプーやトリートメントなどインバスのヘアケアもより効果的になります。

【入浴前のブラッシング】髪の傷み防止&血行促進

出典: gettyimages

「ブラッシングで頭皮の血行を促進して、ケア剤の浸透をサポート。また髪の絡まりをほぐし、汚れを浮き上がらせることで、シャンプーの泡立ちもよくなります」(美容家 神崎恵さん)

VOCE2017年2月号
  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード