すべての女性のための偏愛ミュージアム

「牛乳洗顔」で50代なのに20代の肌!驚きの美貯金効果とは?

BEAUTY HOLICSオリジナル 2017.9.27

いつも冷蔵庫に入っている“牛乳”が、美肌に効くって知っていましたか? 50代で20代の肌の持ち主、美肌研究家の白川みきさんは、毎朝牛乳を溶かしたぬるま湯で顔を洗う「牛乳洗顔」を続けることで、透明感のあるつるつる美肌を保っていると言います。1回の洗顔で肌がトーンアップ、続けることで美白効果も期待できるという「牛乳洗顔」。その驚きの効力とはいかに?

肌年齢は20代!奇跡の54歳と呼ばれる美肌研究家白川みきさんって?

透き通るような白い肌、フェイスラインがキュッと引き締まった小顔の持ち主、美肌研究家の白川みきさん。著書の取材中に医療機関で受けた肌診断では、20代の肌レベルだと判定された白川さんの実年齢はなんと 54歳!! しかも、ボトックス注射やレーザー治療など、美容外科で行うようなアンチエイジング療法は一切受けていないというから驚きです。ーーでは、一体その美肌はどのようにして作られてるのかーー。その深まる謎を解明するためにインタビューを敢行。セルフケアを追求する白川さんがすすめる美容法の中でも最も効果が高いと言う「牛乳洗顔」を中心に、美しさの秘密を探ります。

たった1回の洗顔で、くすみが取れたような明るさを感じたんです

FRaU2017年4月号

ーー「牛乳洗顔」を始めたきっかけは?

5年くらい前になるでしょうか。お風呂に入ろうとしたら、入浴剤を切らしていたんです。そのまま入るのがなんとなく嫌だな〜と思い、冷蔵庫に余っていた牛乳を入浴剤がわりに浴槽に入れてみたんです。

ーーどのくらいの量を? 臭みは?

そのときはちょうど賞味期限が切れかけていたので、ドバドバッと多めに。お湯の温度は、だいたい40℃前後と高かったので、ホットミルクのような、ツーンとしたミルク臭さはありました。でも、それよりも入浴後の肌のなめらかさがすごく良くて、「ん?これはありかも!」と思い、翌朝は洗顔にトライしてみたんです。

ーー洗顔料の代わりに?

はい。もともと朝は洗顔料を使わずぬるま湯でさっと流す程度の洗顔しかしてないのですが、そのぬるま湯に牛乳を加えてみようと思ったんです。洗面台にはった26〜30℃くらいのお湯に牛乳を100ccくらい足して軽く混ぜ、その牛乳を溶かしたお湯をリンスをするようにバシャバシャッと10回ほど顔に優しくかけて。これくらいの温度だと臭みは気になりませんし、なにより洗い上がりが驚くほどツルツルで! しかも白くなっていたんですよ! たった1回でくすみが取れたような明るさを感じたんです。

ーーたった1回で、しかもそんな身近な食材が使えるなんて驚きの発見でしたね。

本当に驚きました。スーパーでいつでも買えるし、決して高いものではない。お風呂はあとの掃除が大変だし、ホットミルクのような臭みが気になるのでたまにしかやりませんが。朝の洗顔は週2〜3回、「牛乳洗顔」を取り入れることにしたんです。そしたら、続ければ続けるほどどんどん肌の明るさがアップしていきました。

ーーそれはすごい! 牛乳に美白効果が?

調べてみると、牛乳にはたんぱく質、カルシウム、ビタミン、ミネラルなど多様な栄養素が含まれていることを知って。それらの成分による美肌効果は、肌の古い角質と老廃物の除去、肌の油分・水分バランスを整える優れた保湿力、コラーゲン合成、細胞再生、ハリ効果、紫外線でダメージを受けた肌のケア、ホワイトニングなど、数え上げたらキリがないほど! あとで知ったんですが、あのクレオパトラも毎日牛乳で肌を白くみがいていたそうです。

VOCE2016年8月号

ーーそんなにも美肌効果があったなんて! 5年以上「牛乳洗顔」を続けることで、具体的に肌がどう変わりましたか?

まず、肌のトーンが明るくなり、次に乾燥しづらくなりましたね。もともとあるシミは「牛乳洗顔」始める5年前に比べ、薄くなったように思います。

ーー「牛乳洗顔」をする上でのポイントってありますか?

まず、牛乳の銘柄はどこのものでもいいですが、無調整のものを選びましょう。それから、(牛乳を溶かした)ぬるま湯をリンスするようなイメージで、顔に優しくかけます。決してゴシゴシこすらないでください。その後は、タオルで肌をトントンと優しくおさえるようにし、水滴をオフ。肌に成分を浸透させるイメージです。もちろん気になる方は水で洗い流してもいいですよ。

ーー洗顔以外にアレンジできますか?

もちろん。お湯で薄めずにホットミルクを使うアレンジがおすすめです。例えば、目の下に貼る専用のシートマスクをホットミルクに浸してみたり、角質除去の効果もあるので、くちびるにホットミルクを塗り、数分置いて洗い流すとツルツルに!

「牛乳洗顔」に惚れ込んだあげく、とうとう商品開発まで!

「牛乳そのもので顔を洗うことに抵抗がある方や、忙しくてケアする時間がない方にも『牛乳洗顔』の効果を実感して欲しいと思い、牛乳由来の保湿成分『ミルクセラミド』をたっぷり配合した全身用ソープを作りました。泡立ちがすごくよく、逆さにしても落ちないくらい! 泡を肌に乗せるだけで、無理にこすらなくても、余分な角質が 剥がれて、ワントーン肌色が明るくなるんです 」(白川みきさん)

顔だけじゃなく体も使える全身用ソープ。「牛乳洗顔」をもとに作った牛乳由来の保湿成分もたっぷり凝縮! 肌への負担を限りなくなくすために、こすらなくても汚れがきれいに落ちる3種のクレイを使用。

肌にツヤさえあれば、だいたいのアラはごまかせるんです

ーー肌年齢が20代というのは本当ですか?

本当です。著書「美人は薬指からつくられる」製作中に、2件の医療機関にて、お顔専用の診断機で検査をしてもらいました。シミ、色素沈着、油分、水分、シワの数、毛穴、キメなどを調べてもらったところ、判定はどちらも20代でした。毛穴の数は、私の年齢だと500〜800個が平均なのですが、測ってみると2桁しかなくて、さすがに先生方もびっくりしていらっしゃいました(笑)。

ーーそれは驚きますよね。「牛乳洗顔」以外で普段から積極的に取り入れている美容法は?

たくさんありますが、いちばん気をつけているのは紫外線対策。外出時は季節問わず日焼け止めを塗りますし、冬でも日傘は欠かしません。

ーー日焼け止めはどちらのものを?

ボディは、レ・メルヴェイユーズ ラデュレ「UV プロテクション ボディ クリーム」、顔、首、デコルテまわりは、もう10年近く使っているコスメデコルテ AQ MW 「エクストラ プロテクション」を。外出先では、HACCI「UVミスト with HONEY」を愛用しています。

VOCE2016年8月号

なかでもお気に入りがこの2つ。左・HACCI「UVミスト with HONEY」、右・レ・メルヴェイユーズ ラデュレ「UV プロテクション ボディ クリーム」

ーー紫外線対策の他には?

保湿ですね。スキンケアの順番ですが、私の場合、いちばんはじめに乳液を塗ります。乳液先行型ではないメーカーのものでも。その後、化粧水、美容液、クリームという順で進めます。肌を乳液で柔らかくしすると、あとで重ねるスキンケアの浸透力がぜんぜん違うんです。お肌にぐんぐん入っていくので、より肌がしっとりするんです。肌、触ってみますか?

ーーすごいもっちり感! そして、しっとりしていて柔らかい!

私たちの年代になると、しわがあって当然。逆にないと不自然ですよね。でも、ツヤさえあれば、そんな肌のアラはだいたいごまかせる。そのツヤを生むためには、保湿がすべてなんです。

スキンケアの締めに!白川さん流リンパマッサージはコチラ

白川さんがスキンケアの最後、ナイトクリームを塗りながら行うというリンパマッサージ。「これさえ押さえておけばOK!」な、5ステップを教えてもらいました。

1 両手をクロスし、左右の耳の下から鎖骨に向けて、首筋をさすり下ろしてリンパを流す
2 左右の人差し指を写真のように曲げ、親指を真っ直ぐ伸ばす
3 その指の形をキープしたまま、親指と人差し指で顎を軽くつかむ
4 そのまま親指が耳に触れる位置まで、フェイスラインに沿ってさすり上げる
5 指を寝かし親指と小指以外の3本の指を使い、耳後ろから首筋のラインに沿ってさすり下ろす

見落としがちな“人中”も大事な若見えポイント!

加齢によるたるみで浅くなる“人中”は、線がくっきりしているほど若々しく見える大事なパーツなんです。中指を使いサイドからキュッと押して“人中”をくぼませる。これを3回繰り返します。

“マイナス6歳”のつもりで生活をしていると、“マイナス6歳”の自分になっていく

ーー肌以外で、若さを保つ秘訣は?

なりたい自分になりきることでしょうか。モデルとして活動をしていた30歳の頃、ある仕事がきっかけで6歳サバを読むことになっちゃったんですよ(笑)その仕事が終わったあとからずっと、私は”マイナス6歳”として生きてます。

ーー思い込むということでしょうか?

はい。”マイナス6歳”のつもりで生活をしていると、だんだん“マイナス6歳”の自分になっていくんです。肌も声もファッションもすべて。もちろん行政などの公式なところでは使えませんが、そうでなければ、例えばコスメカウンターなどで生年月日を書くときなんかは、“マイナス6歳”の生まれ年を記入しています。

ーー脳に自分のなりたい年齢や姿をインプットすることで、実際にそうなっていくということですね。

はい。脳ってすごく単純なので、自分のなりたい姿を思い込ませたら、実際にそうなっちゃうものなんですよ。とはいえ、日々の努力はもちろん必要ですけどね。

昨日の自分よりきれいになる“美貯金”をコツコツしてきた結果だと思います

ーー年齢を重ねることが怖いという30代、40代の女性は多いと思うのですが、そんな女性にアドバイスをするとすれば?

年齢なんてただの記号ですよ。40歳になったとき、30代の女性と自分を比べてしまうことで恐怖を感じてしまうのらなら、比べなきゃいいだけです。

ーー白川さんも過去にそのような葛藤はありましたか?

ありました。だから、“マイナス6歳”として生活しているんです。でも、今は恐怖なんてもちろんなく、今の自分がいちばん好きです。

ーーそれは素晴らしいことですね。理想というか。

昨日の自分よりきれいになる“美貯金”をコツコツしてきた結果だと思います。30代を超えると顔のパーツは重要ではなくなるんです。目が大きいとか、鼻が高いとかではなく、本当に大切なのは内面。顔に出ますから。だから“幸せそうな顔”になる努力をすることが大事。笑顔でいることを心がけて生活していたら、きっと歳を重ねることが楽しみになってきますよ。

白川みき 美肌研究家

モデルを経て50歳から美肌研究家に転身。“リボン”をこよなく愛する女性たちが結集する「日本おリボン党」党首。著書に「美人は薬指からつくられる」(アスコム)、「いくつになっても女は可愛くなくちゃ!」(王様文庫)、「あなたを変える『薬指』スキンケア」(宝島社)など。

【結論】お金をかけなくたって美肌は作れる!

7月某日。インタビューを行ったのは、自然光がたっぷりと入る高層階の部屋。本来ならば、テカリや毛穴など、肌のアラが十分に目立ってしまう環境なのに、なぜか白川さんの肌にはソレがない! 取材中に触らせていただいた肌も、柔らかくて、しっとりとしていて、ツルッツル! この美肌は、生まれもったものでも、高級エステや美容外科で受けるアンチエイジング治療によるものでもなく、セルフケアによる小さな努力=“美貯金”の積み重ね。そんな白川さんのような美肌への第一歩として、明日の朝から「牛乳洗顔」を始めてみるのを全力でおすすめします。

撮影/田中祐介

HOLICS編集部

この記事のキーワード

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事