たった3つのアイテムで可愛いが叶う♡イマドキ眉の描き方講座

BEAUTY with編集部 2019.5.10

毎日のメイクでマストで描く眉だけど「実は正解がわからない……」という人が大多数。今回は、そんな声にお応えして“正しい眉の描き方”をプロに伝授してもらいました。これさえマスターしておけば、あとは好きなアイシャドウやリップを自由にまとうだけ。可愛い&おしゃれ顔が手に入ります♡

アイテム① 眉パウダー

眉全体の形を作るために使用する眉パウダー。髪の色に合わせて調整したり場所によって濃淡を変えたいので、2色以上入ったブラウングラデのパレットがオススメです。

出典: 井田ラボラトリーズ キャンメイク ミックスアイブロウ ¥600

優しい印象のイエローブラウン。しっとり密着して見たままに発色してくれます。一番下はノーズシャドウにも最適。

アイテム② 眉ペンシル

眉ペンシルで毛を描き足していきます。一本一本しっかりと描けるように、発色がよく、芯が柔らかいものを選びましょう。色は濃いめのブラウンがベスト。

出典: BCL ブロウラッシュEX ウォーターストロング Wアイブロウ ロイヤルブラウン ¥1200

くっきり描けて耐久性もバッチリ。ジェルペンシルとパウダーチップが一本になっているのも嬉しい♡

アイテム③ 眉マスカラ

毛の流れをコントロールするのに必要な眉マスカラ。透明でつややかに仕上がるものを選ぶようにして。髪をカラーリングしている場合は色つきタイプでもOK。

出典: Clue フーミークリアマスカラ noir ¥1500

ツヤっぽくて凛とした毛流れを叶える黒透明ベースのマスカラ。ファイバー入りなのでナチュラルに増毛できます。まつげにも◎。

3 眉を描くときは「色・線・毛流れ」を意識して

「毛が足りていないところを描き足すだけではなく、まず理想のアウトラインをパウダーでふんわりと作ります。そのうえで、足りない部分をペンシルやマスカラで調整して細部を詰めていくと、優しさもあって、きちんとした意志も感じるイマドキ眉に仕上がります!」(ヘアメイク 高橋有紀さん)

STEP1:パウダーで全体の輪郭を作る

  • 2/5ページ
  • Icon paging first
  • 2
  • 4

関連記事&キーワード