クマ、美白、ガサガサ唇etc.アラサー女子の細かい肌悩み解決術

BEAUTY HOLICS編集部 2018.10.6

アラサー女子の皆さん、最近お肌のあちこちに気になるところが現れ始めていませんか? 今回は、目元のクマやシミっぽい色ムラ、美白にまつわる疑問など、細かい肌悩みQ&Aを紹介します。アラサー女子の肌トラブルは、千差万別。簡単な対策法やケアでキレイな肌を手に入れましょう。

やはり毎日コツコツケアすることが大事みたい。飲むタイプのUVケアアイテムやビタミン剤で、インナーケアを始めてみましょう。

Q5 目周りがくすんで、アイシャドウがキレイに発色しない!

目の周りがくすんで、アイシャドウを塗ってもキレイに発色しない……というアイメイクにまつわる悩み。目周りのくすみを改善するには、どうすればいいの? 何が原因なの?

A5 こすりすぎが原因です!

出典:

「これは色素沈着が原因。いわゆる茶グマと呼ばれる症状です。メイクをするときも落とすときも、こすらないように注意しつつ、目元にも専用の美白ケアを」(ウォブクリニック中目黒総院長 髙瀬聡子先生)

with2018年2月号

「アイメイクのベースとして保護できるバームを塗っておくと、摩擦が軽減されて、くすみ予防になりますよ」(津田クリニック副院長 津田攝子先生)

with2018年2月号
出典: おすすめのアイケアアイテムはこちら

目周りのくすみは、色素沈着が原因のよう。目の周りを必要以上にこすったり、触ったりするのはよくないみたい......。皮膚が特に薄い目元は目元専用の美白ケアを取り入れて、くすみを改善するのが◎。アイベースとしても使えるバームや、くすみがちな目元に明るさをプラスしてくれるアイテムを取り入れてしっかりケアしていきましょう。

Q6 クマがどうしても消えない!

いろんなスキンケアを試してみたけれど、クマがどうしても消えない……という切実な悩み。頑固なクマは、どうすれば解決できるの?

A6 アイケアできちんと保湿して

「青グマは血行不良、黒っぽいクマはハリ不足、茶グマは摩擦などによる色素沈着です」(青山ヒフ科クリニック院長 亀山孝一郎先生)

with2018年2月号

「茶グマなら美白を投入してみて。黒っぽいクマは保湿で目立たなくなります。青グマは皮膚が薄く血管が透けて見えているので、ある程度は仕方ありませんが、血行をよくすると目立たなくなることも」(ウォブクリニック中目黒総院長 髙瀬聡子先生)

with2018年2月号
出典: おすすめのアイケアアイテムはこちら
  • 3/5ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3
  • 5

関連記事&キーワード