イガリシノブさんの秋冬メイクは“くすみピンク”が推し!

BEAUTY with編集部 2018.11.3

女子永遠のステディカラーといえば、やっぱりピンク♡ 眺めているだけでもハッピーになれちゃう色を、メイクでも素敵に取り入れたい! 「ピンク」とひと口に言っても、その種類は本当にさまざま。なかでも今季は「少し渋め」のくすみピンクが気分♡ 塗るだけでこなれて見えて、大人女子の可愛さを引き出してくれる、最旬の「くすみピンク」メイクを大人気ヘアメイク、イガリシノブさんに教えてもらいました♡

まずはベース:ピンクメイクが似合うキャンバスの作り方

ピンクをのせたときの重みや厚ぼったさをなくすためには、まず肌と唇の色の調整がマスト。肌のトーンは明るめに、唇はピンク色で補正することで、ピンクメイクの似合うキャンバスを完成させて。

ベースづくりに使うアイテムはこの5つ

【A】トーンアップ下地 日焼け止め効果だけでなく、顔全体が明るく。

【B】ラベンダー下地 絶妙なラベンダーカラーでくすみを払拭。

【C】クッションファンデーション みずみずしくツヤやかな仕上がりに。

【D】偏光ハイライター 透けるラメ入り。

【E】リップライナー コンシーラーとのダブルエンドタイプ。

1. 目周りのくすみをオフ

  • 1/6ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード