毛穴、赤み、くすみetc.肌の悩み別のおすすめ化粧下地って?

BEAUTY HOLICS編集部 2019.6.25

ファンデの前に仕込む下地やコントロールカラーは、ベースメイクの完成度や持ちを左右します。だけど種類が多すぎて、選び方や使い方がイマイチわからない人も多いのでは? そこで今回は、毛穴の凹凸、肌の赤み、くすみ・クマなど肌の悩み別におすすめの下地やコントロールカラーをご紹介! 悩みをカバーする塗り方(使い方)も解説します。

肌がくすんでいて、メイクをしても顔色が悪いし、なんだか疲れた印象に。肌のくすみや目の下のクマで悩んでいる人は、どんな下地をどうやって塗ればいいのでしょうか?

●「ピンク下地」を水中眼鏡ゾーンにさすりのばし塗りでくすみをケア

肌のくすみにお悩みの人は、ピンク色のコントロールカラーを使うのがおすすめです。くすみが目立ちやすい目元をさするように下地をのばせば、明るく透明感のあるベースメイクが完成します。

出典: くすみ・クマケアにおすすめのコスメはこちら

ピンクのコントロールカラーは、肌にやわらかな血色感をプラスできるのが魅力。ツヤのあるタイプを選べば、トーンアップしながら潤いのある肌が手に入ります。肌にのばしたときに薄くなりすぎず、ちゃんと効果が出るやや固めのテクスチャーを選ぶのがおすすめ! くすみの種類がわからないなら、赤ぐすみや黄ぐすみに対応しているコントロールカラーをチョイスしましょう。

出典: 塗る場所はここ!
出典: ピンク下地の塗り方

下地を塗るのは、まぶたの上下部分。このゾーンが明るくなると、顔全体も明るくなります。ピンク下地をまぶたの上下に点置きして、指の腹で目周りをぐるぐると回転させ、さすりのばしたら完成!

悩みに適した化粧下地(コントロールカラー)を使って肌の悩みを払拭!

出典:

自分の肌に合った下地やコントロールカラーを使えば、毛穴や肌のアラなどを上手にカバーできます。ファンデを厚塗りせずに肌色や悩みを補正できるので、素肌感のあるベースメイクが完成するのも◎。化粧下地の選び方と使い方をマスターして、ワントーン明るい透明肌を手に入れましょう。

  • 3/3ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード