そのお肉が宝物♡美乳を叶える、30歳からのバストメイク術

BEAUTY HOLICS編集部 2018.7.20

年齢を重ねるにつれて気になってくるボディライン。重力に逆らえずお肉たちが、どんどん下がっていく……。女性らしいカーヴィーなボディラインの要となる“バスト”にもその影響が!! そこで今回は、すぐに始められる美乳を作る育乳マッサージなどのバストケア法とブラジャー(下着)の選び方&つけ方を紹介します。

合わないブラジャーやパッド付きキャミソールをずっと使っていると、胸のお肉が横に流れてしまい、あらら......なことに! ただ胸が小さく見えるだけでなく、寸胴や太って見えてしまうことも。そんなことにならないうちに、即刻改善が必要です!

出典:

「ブラは、谷間からサイドまでフルにワイヤーが入っていて、アジャスター付きでストラップの調整ができるものを選ぶこと。」(美容家 神長アイリーンさん)

ViVi2018年7月号

正しいブラジャーのつけ方

二の腕とお腹のムダ肉を手のひらで胸まで運んでブラジャーに入れ込む。ストラップを調整し、鎖骨と乳首で正三角形になればOK!

出典: 1 前かがみになり、ブラのホックを留める

ブラひもを肩にかけたら前屈みになり、胸下のラインにワイヤーを当てながらそのままの姿勢でホックを留めます。

出典: 2 バストをカップの中に入れ込む

バスト全体をやさしく包むように持ち上げ、脇や脇腹のお肉(脂肪)を集めてカップの中に入れます。左カップに収めるときは、体を左側に傾けるようにするとお肉が自然と集まりやすくなります。

出典: 3 ブラひも&背中のベルトの位置を調整

ブラひも(ストラップ)の長さを調整します。このとき、ブラひもと肩の間に指1本が無理なく通るぐらいが最適です。さらに、両手で背中のアンダーベルトを摑んでやや下へと移動させます。

出典: 4 鎖骨と乳首で正三角形ができたら完成!

鎖骨の間の凹みと乳首を結んだラインが正三角形になっているか確認します。なっていなければ再度調整してください。

育乳ブラを手に入れただけでは胸は育ちません。お肉をしっかりとカップに収めることを、体得してから育乳は始まります! 日中の動きでズレていくので、トイレに行くたびにお肉を引き戻す“お直し”も習慣にしてみて。

STEP4:つまむだけ!?1分でふっくら胸に♡

  • 3/4ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード