モテ女子の新基準「あざとかわいい♡」メイクとヘアの処方箋4つ

BEAUTY ViVi編集部 2018.3.8

広瀬すずさんや吉岡里帆さんなど、今、男性に好感度が高い女性は、いわゆる王道の“女っぽい”モテではなく、透明感が漂う“あざとかわいい”女子なのです。いかにもモテを狙ってる感じではなく、肩の力の抜けたほわん♡ としたムードで女っぽさをアピール。そんな“あざとかわいい”女子に近づけるメイク方法を教えます!

処方箋1 さわりたくなる♡透明感ある「ふわふわ肌」

元から肌がきれいな人のような、ツヤ感のあるふんわり素肌っぽい仕上がりを目指すことがポイント。ここはピンクの下地が強い味方です! 肌の色ムラやくすみをさりげなくカバーしてくれるうえ、自然なツヤと血色感が出て、あざとかわいいふんわり肌が叶います。逆に、ファンデーションを厚塗りしてしっかりカバーしてしまうと、モテを狙ってる感が出てしまうのでNGです。

SUQQU(スック)ブルーミング グロウ プライマー

くすみや色ムラを瞬時に解消するオトナピンク色の下地。

処方箋2 「眉毛」も「目元」もほわん♡とした雰囲気に

ふんわりほわんと描くことがポイント。いかにも感のないさりげないメイクに仕上がります。ピンクやブラウンなど、ところどころに女の子らしい甘さを仕込むことがあざとかわいいメイクのコツです。

アイブロウパウダーで「ふんわり眉」を描く

ヴィセリシェ カラーリング アイブロウパウダー BR-3

カーキニュアンスのブラウンで抜け感のある眉に。

「目元」はほわっと色っぽい血色シャドウ

赤みブラウンのアイシャドウをまぶたの中央にのせたあと、ピンクのシャドウをまぶた全体にふんわり重ねます。

  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード