雑なケアは老化を早める!「乾燥毛穴」はとにかく重ねて潤い補給

BEAUTY 2017.7.17

毎日ちゃんとケアしていても、気づけば発生してる乾燥×毛穴問題。その中でも、ケア美容が間違ってる可能性も……。特にアラサー世代は、若い頃のように雑なやり方のままケアをしていると一気に老化が早まります。そこで今回は、スキンケア企画に欠かせない女医高瀬先生が乾燥×毛穴について解説し、続けられるセルフケアの方法をレクチャーします。

  • facebook
  • twitter

いつのまにかなってない?「乾燥毛穴」の特徴3つ

出典: 乾燥毛穴の例

毛穴の悩みにもさまざまなタイプがあり、自分の毛穴を見誤ったケアをすると逆効果になることも。あなたの毛穴のタイプは乾燥毛穴に当てはまっていませんか? スキンケアのプロ・ウォブクリニック中目黒高瀬院長が、乾燥毛穴の特徴3つを教えてくれました。

1 洗顔後、顔がつっぱっている

2 肌がごわごわしている

3 夏より冬のほうが目立つ

肌表面だけではなく、角質の潤い不足によって起こる乾燥毛穴。肌表面がシワっぽくなりキメが乱れるため、カサつくだけではなく毛穴の周りがくぼんで黒ずんで見えてしまいます。

乾燥毛穴に必要なケアは、とにかく潤いを与えること!

乾燥毛穴の対策は、肌の角層までしっかり潤わせること、水分補給→油分で毎日蓋をするというスキンケアの原点にもどることが大切です。さらに、ケア後の“手で潤いチェック”までルーティンにすると◎。

出典:

肌の潤いチェックするときは、清潔な手の甲で、頬を挟みこむように押し当ててください。そして、肌の感触を確かめます。そのときに水分が十分であれば吸い付くような感触です。残念ながら吸い付く感触がない人は、普段から洗顔後につっぱる状態や、メイクが浮く、ツヤがないと感じているのでは? そんな場合は、肌に水分がいきわたっていないために、乾燥毛穴の状態です。

乾燥毛穴対策1 「ミルフィーユ塗り」でうるうる毛穴レス肌に

ミルフィーユケーキはパイ生地が何層もあって、クリームと交互になっていますよね。洗顔後に化粧水と乳液を繰り返し重ねるのがミルフィーユ塗りです。普段と同じように、洗顔はしっかりしてから、砂漠地帯の肌にたっぷり化粧水をあげ、ぷっくりさせたところでミルクで蓋を。繰り返すことで潤いに満ちたふっくら肌に導き、透明感も保湿も同時に叶えてくれます。

出典: ベビーアミノ酸配合で潤い貯蓄率を高める

アクアレーベルのエマルジョンは、ベビーアミノ酸配合で潤いを補給し、ふっくら肌へ導いてくれます。順番は洗顔→乳液→化粧水→乳液→化粧水になります。肌をぷっくりさせたところに、乳液でフタをしてから、美容液、クリームを塗っていきます。2回以上繰り返すと健康な状態の角質層そっくりな状態に。

  • page 1 of 2
  • 1

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事