お肌は冬に老ける!?プロに聞く「冷え&乾燥」対策で美肌キープ

BEAUTY VOCE編集部 2018.1.9

「エイジングの大敵は夏の紫外線でしょ?」と思っているなら、それは半分正解で半分は間違い。夏もこわいけれど、 冬は夏に輪をかけて恐ろしい季節なのです!  夏のダメージを引きずったままの人は特に要注意。今すぐ隅から隅まで熟読して冬老け対策法を発見して!

Q アラサーになると乾燥がひどくなるって本当?

A 本当です!

「20代後半以降は皮脂分泌量が減ります。イコール、乾燥がひどくなって、ターンオーバーも悪くなり、同時に水分保持能を維持する成分の生成量も落ちる。すでに注意が必要な年齢です!」(ウォブクリニック中目黒 総院長 高瀬聡子先生)

Q 乾燥=老けの原因?

A バリア機能の低下も確実に老けの原因に

「バリア機能が落ちる=肌の中で微小炎症が起きやすくなるんです。それによって肌細胞の体力も低下。このスパイラルこそ“老け”を引き起こす原因。バリア機能で肌の内側も守って!」(ウォブクリニック中目黒 総院長 高瀬聡子先生)

Q 冷えと肌老化、関係ありますか?

A “血管力”の低下も乾燥につながり老化を早める可能性が

「血管力とは毛細血管の反応性のこと。老化するとこの血管力は低下し血流量も落ちます。下図で冷える=血流量が下がることからも、冷え=肌の乾燥につながり老化を早める可能性が」(花王株式会社 スキンケア研究所 上席主任研究員(博士) 東京農工大学 客員准教授 次田哲也さん)

皮膚温度が34℃あった25℃の室内では多かった血流量も、0℃の屋外では一気に2/3程度にまで血流量が減少。外気の温度は皮膚温度だけでなく血流量にも影響を与えています。

Q 冬の乾燥老け問題、湿度に気を使っていれば乗り越えられる?

A NO!水分補給にまで気を使って!

「寒いと水を飲まなくなるんです。こまめに飲まないと肌もうるおいません。白湯でもOKです」(アイリスト/美容家 石井美保さん)

  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード