保湿だけじゃない!ワセリンの表ワザ裏ワザ使いでツヤツヤ美人♡

BEAUTY HOLICS編集部 2017.11.11

乾燥する季節になるとワセリンが恋しくなるという人も多いですよね。実は乾燥肌だけでなく、ダメージ肌対策やメイクにも使えるって知っていますか? その使い方と効果を知れば知るほど手放せなくなっちゃうワセリン。「ボトル1本使いきれない」と思っている人でも、ワセリンを使い倒したくなるテクニックをご紹介します!

ワセリンを使い倒して美肌になっちゃおう!

出典:

保湿剤の代名詞と言っても過言ではないほど人気のある定番商品、ワセリン。リップケアアイテムとして大好評のワセリンですが、他にも使い道がたくさんあるって知っていましたか? ワセリンを使いこなせば、どんな季節でも乾燥知らずのつるつる美肌がつくれちゃうんです。冬だけでなく、なんと夏のダメージ肌対策にもなっちゃうんだから驚きです。ワセリンを使いこなすために、まずはワセリンのことを知り尽くしちゃいましょう!

【目次:この記事で読めるトピックはこちら】

ワセリンのお値段、容器の形状、テクチャー、特徴は?

ワセリンを使い倒す!ボディケアとスキンケアのテクニック集

メイクにワセリンプラスでデイリーメイクが劇的チェンジ

とにかくプチプラ♡嬉しいワセリンのお値段は?

出典:

ワセリンの魅力のひとつは、とにかくプチプラであるところ。きちんと保湿してくれるのに、大きなボトルで300円程度。ワセリンは本当に少量でそのパワーを発揮してくれるので、「なかなか使いきれない!」という嬉しい悲鳴まで聞こえてきます。これだけプチプラなら、惜しげなく全身にたっぷり使えちゃいますね♡

出典:

「ワセリンを持ち歩きたい!」「リップにしか使わないから少しだけでいい」という人に人気なのが、ヴァセリンのロージーリップス。ヴァセリンの使いやすい容器の構造そのままに、サイズ感だけ小さくチェンジ。お値段は大きいものよりも少し割高になって400円強ぐらい。その利便性と保湿力を思えば、それでもかなりプチプラですよね。赤いロージーリップスは唇に少し色が残るぐらいカラーがついているので、スキンケアにも使いたい人は透明タイプのものをチョイスして。

いろいろある!ワセリンの容器の形状はバリエ豊富

出典:

ユニリーバから発売されているこの『ヴァセリン』シリーズ。「ワセリンといえばコレ!」と思う人も多いのではないでしょうか。蓋がワンタッチで開け閉めできるタイプなので、使いやすいと好評です。

DHCの白ワセリンはサプリみたいなボトルです

出典:

DHCの白色ワセリンはスクリュータイプの蓋に白いボトルの、サプリのボトルみたいなパッケージ。ヴァセリンは少し独特の匂いがするので、それが苦手でDHCの白色ワセリンを愛用している人もいるようです。

それ以外のいろいろな会社からもワセリンが発売されています!

出典:

ユニリーバやDHC以外でも、いろいろな薬品会社から白色ワセリンが発売されています。こちらの日本薬局方の白色ワセリンも根強い人気。ヴァセリン(ユニリーバ)以外のワセリンのパッケージは、プラスチックのスクリュータイプボトルが多いようです。

ひと肌でとろける超柔らかい新タイプのワセリンも登場!

出典:

そのまま持ち歩けるサイズ感のスクリュー缶タイプも! しかも人肌(約35度)でとろけて滑らかに塗り伸ばせる「スーパーソフトワセリン」を配合しています。 高保湿バーム、フェイス&ボディ乳液、フェイス&ボディクリームの3タイプから部位や乾燥状態に合わせてベストなものをチョイスして。

ワセリンのテクチャーはリップクリームに近い感じです

出典:

ワセリンのテクスチャーは、乳液やクリームよりもリップクリームに近くなっています。固まったオイルと似ていますが、オイルほどとろっと溶けません。肌には浸透せず、しっかりと肌表面にワセリンの膜をつくってくれるような使い心地です。

ワセリンの特徴はズバリ『シンプルイズベスト』!

出典:

ワセリンの特徴は、とにかく『余分なものが入っていない』ということ。だから全身どこでも使うことができて、いろいろなアイテムとミックスしてもトラブルになりにくいんです。その上、肌の表面をしっかりと保護してくれて、乾燥肌もしっとり質感に。どのワセリンを選んでも、低価格なところも要チェックポイントですね!

●次ページ「ワセリンを使い倒す!ボディケアとスキンケアのテクニック集」

  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード