30代の美容は“清潔感”がカギ!美を叶えるToDoリスト11

BEAUTY HOLICS編集部 2019.10.18

「露出が減るからもういいや!」「汗もかかなくなったし……」とボディケアを怠っていませんか? 肌の露出が増える夏だけでなく、一年中“清潔感”のあるつるすべ肌を維持したいもの。そこで今回は、乾燥やムダ毛対策、汗やニオイなど、トータルケアが叶う11のお手入れ法を紹介! 誰もが油断する季節だからこそ、美に差をつけられるチャンスでもあるんです。

お疲れ肌をキレイすっきり♡トータルケアで清潔感を手に入れて

出典:

女性らしい雰囲気をまといたいなら、メイクや服装だけでなく、ボディケアも不可欠! 特に大人のボディケアは“清潔感”を意識するのがポイントです。清潔感を高めるには、背中や足元など細部まで美に手を抜かないのが鉄則! 質感やニオイも意識したトータルケアで、いつ見られても触れられてもいい、お手入れの行き届いた体を目指しましょう。

1 太陽の下で光る背中の毛を処理する

「背中にワックスを塗り毛根から抜くブラジリアンはその場でキレイになるし、ワンシーズンはキープ可。不要な角質も取れるので肌色もよくなります」(美容家・育乳セラピスト 神長アイリーンさん)

FRaU2016年8月号
出典:

普段は目に触れることがない背中は、ついついお手入れを怠ってしまいがち。いつもは隠れている背中がチラリと現れた時、キレイに整っているだけで清潔感がある“きちんとした大人”という印象を与えられます。自分で処理しづらい背中の毛は、サロンでブラジリアンワックス脱毛してもらうのがおすすめ! 背中ニキビは、ニキビを観察して原因を探れば解決できます。ニキビが固ければ血行不良、赤く盛り上がったら油分の摂りすぎ、押しても痛くないならシャンプーによる炎症など、原因を知ってすべすべの背中を手に入れましょう。

2 保湿して肌に潤いをチャージする

出典:

「洗顔後に化粧水をつけるように、お風呂上がりのカラダにもまずは水分を。細胞に水分が届きターンオーバーが促進されます」(美容家・育乳セラピスト 神長アイリーンさん)

FRaU2016年8月号

女っぽい体を手に入れたいなら、質感にこだわるのも大切なポイントです。潤いのある肌を手に入れて、思わず触れたくなるような体を目指しましょう。保湿のステップは全身共通。洗顔と同様に、水分→油分の順に補います。ボディミストを使えば、体を手軽に保湿できるだけでなく、いい香りもまとえるのが◎。

出典: 顔と同じように、体も泡で洗う

潤いのある肌をキープするには、顔と同じく体も泡で洗うのがベター。泡タイプのボディウォッシュを使えば、タオルでゴシゴシと擦らずに手で優しく洗い上げられます。バリア機能の乱れを抑えて、繰り返すガサガサ肌や粉吹きをケアできるのも◎。肌の必須成分「セラミド」に着目したボディウォッシュなら、汗や汚れをオフしつつ潤いのあるしっとりした肌に整えられます。

出典: / デコルテは顔用美白でピカピカに!

ワンランク上の美ボディを目指すなら、顔用の美容液やパックでスペシャルケアするのも◎。メラニンの生成を抑える美白美容液や、くすみケアに特化した炭酸泡パックなどを使えば、透明感と潤いのある体が手に入ります。ボディケアに使うのは贅沢すぎて躊躇してしまう……という人は、顔まわりの印象に影響を与えるデコルテだけに利用するのもおすすめです。

  • 1/5ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード