すべての女性のための偏愛ミュージアム

驚異的すぎる41歳!美容のカリスマ“神崎恵”の美肌ヒストリー

BEAUTY 2017.8.11

SNSでも話題沸騰中の、驚異のうるツヤ肌の持ち主、神崎恵さん。20代から40代まで、美容に興味のある幅広い世代の女性たちから支持されている彼女も、生まれつきずっと肌トラブルと無縁だったわけではありません。10代から41歳の現在に至るまでに、どうやってトラブルを乗り越えて美肌を手に入れたのか。「美肌は1日にしてならず」を体現してきた神崎さんの歴史から、その秘密に迫ります!

今、“最もなりたい肌”を持つ、神崎恵さんってどんな人?

神崎恵 美容家

1975年、神奈川県生まれ、3児の母。35歳で本格的に美容家としてデビュー。プチプラコスメをblogやSNSなどで紹介することで話題となり、メイクセミナーやイベントなどで人気に。その美肌づくりのハウツーや美を追求するライフスタイルが支持され、Instagram(@megumi_kanzaki)のフォロワー数が16万人を超える。美容本の累計著書部数は100万部を突破。現在は、家庭第一としながらも美容誌を中心に雑誌、イベントなどで活躍中。

リアルなSNSの美容レビューから人気に火がついた美容家の神崎さん。キャッチーなタイトルやオリジナリティにあふれるユニークな言いまわしが特徴の著書も大ヒット! 10〜20代の美容初心者から、肌にお悩みを持つ大人まで、幅広い世代でその美容法が注目されています。現在41歳、美容以外にも、そのライフスタイルやファッションに至るまで、大人の可愛らしさやハッピー感にあふれる彼女がどう歳を重ねてきたのか。そのヒストリーを年代ごとにチェック!

美は1日にしてならず!神崎さんの美肌ヒストリーって?

10代 美容好きだったけど紫外線対策すらしない無頓着時代

ViVi2017年3月号

16歳のとき、原宿でのスカウトをきっかけに芸能界デビュー。透き通るような白い肌はこのときから変わらず! その後、20歳で惜しまれながらも、芸能界を引退します。

当時から美容には興味があったけど、メイクのほうに夢中だった10代の頃。日焼け止めの質感が嫌いで、紫外線対策すらしなくて、よく母に怒られていました。

ViVi2017年3月号

20代 23歳のときの出産をきっかけに、肌の揺らぎを実感

ViVi2017年3月号

23歳で結婚、出産を経験し、24歳でママ雑誌の読者モデルに。このころから少しずつ、美容を仕事にすることを意識し始めたそうです。27歳で第2子を出産するも、29歳で離婚。美しい笑顔の裏には、さまざまな経験とそれを乗り越えて来た努力があるのです。

23歳での出産後、カサつきやくすみといった肌の揺らぎを経験。さらに、薄いメイクに変えたことで、素肌美の大切さも実感。今までの肌ケアを見直すきっかけになりました。

ViVi2017年3月号

30代 美容家を目指し、勉強をしながらコスメを試す日々

ViVi2017年3月号

さまざまな美容関連のスクールに通い続け、美容家を目指している頃。35歳で本格的に美容家としてデビュー。忙しくてもお子さんとの時間を大切にし、アイスを頬張る姿がキュートですね♡

とにかく片っ端からいろんな化粧品を試しました。そのなかで気づいたのが、年齢に合ったケアの大切さ。それがわかったから忙しくてもへこたれない肌を作ることができました。

ViVi2017年3月号

40代 第3子出産後、最大の”肌クライシス”に直面!

ViVi2017年3月号

再婚し、第3子を出産。家事育児をしながら、美容誌では見ない日はないほど活躍しています。イベントなどにも引っ張りだこで、かなり多忙を極める毎日……。それにも関わらず、しっかりと自分のケアに時間をかけ、年齢を重ねるごとに美しくなっていく姿に、多くの女性たちが憧れを抱いています!

産後、今まで感じたことのない肌の急降下を経験。厳選したアイテムでのレスキューケアに加え、クリニックでレーザー治療を初体験。肌のよみがえりに成功しました。

ViVi2017年3月号

神崎さんが考える“生肌ビジン”5か条!

その1 肌に完璧を求めない!

ViVi2017年3月号

毛穴がひとつもない完璧な肌である必要はありません。大切なのは湿度や温度といった肌の“息遣い”を感じられるかどうかだから。

ViVi2017年3月号

年齢と共に肌トラブルが出てくるのは当たり前。そんな中、目指したいのは今のベストを尽くす、リアルで等身大の美肌!

その2 肌について悩みすぎない!

ViVi2017年3月号

きちんとお手入れすることも大事だけど、それ以上に、気に病みすぎないことが大事。

ViVi2017年3月号

ストレスはなによりも美容の大敵。神経質になりすぎるよりも、リラックスして美容ケアを楽しみながらする方が何倍も効果があります!

その3 絶対、うるおい補給!

ViVi2017年3月号

何より大切なのがうるおい。肌にちゃんと水分が保たれてこそ、ターンオーバーが整い常にツヤツヤ&なめらかでいられるのだから。

ViVi2017年3月号

美肌ケアの要は、やっぱり保湿。水分があってこそ、年齢を重ねた肌でもふっくらとした若々しい印象を手に入れられます。

その4 メイクよりも肌づくり!

ViVi2017年3月号

内側から滲み出るような湿度と透明感を持つ肌は、たやすく男性の心をキャッチ。メイクを頑張る以前に、まず肌を磨きましょう!

ViVi2017年3月号

どんなに素敵に装った女性でも、肌がボロボロでは魅力が半減。肌がキレイなら、それだけで男性にとってアピールできるポイントに。

その5 毎日の習慣から変えていく!

ViVi2017年3月号

例えば 、毎晩“横向きに寝ない”ことを意識するだけで数年後のほうれい線の深さが変わってくるし、背筋をピンと伸ばすように意識していれば、めぐりが良くなって透明感のある肌でいられます。何も特別なことをする必要なんてないのです。簡単にできる毎日の小さな美の習慣を忘れずに続けていくこと。それが未来のキレイを連れてくるのです。

ViVi2017年3月号

楽して痩せることが難しいように、一朝一夕で美肌を作ることはできません。やっぱり毎日の積み重ねが大事!

知識と努力が、40歳を超えても超絶美肌でいられるヒミツ!

ViVi2017年3月号

20代半ばでケアを見直し、試行錯誤を重ねることで奇跡の美肌を手に入れた神崎さん。その美に対する前向きな姿勢と、その言葉で語られる美容メソッドに共感し、憧れる女性たちが絶えないのも納得です。悩み多き女性たちをキレイに導いてくれる、彼女のこれからの活動からも目が離せません!

HOLICS編集部

この記事のキーワード

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事