おしゃれ女子が溺愛♡ネイルサロン「mojo NAIL」って?

BEAUTY HOLICS編集部 2018.1.10

独特の色使いとキャッチーなアートで、感度の高い個性派女子たちに圧倒的人気を誇るネイルサロン「mojo nail(モジョネイル)」。多くのおしゃれ業界人たちも訪れるというサロンの代表兼ネイリスト関根祥子さんを直撃! 人気の理由を探ってみました。

「ネイルはプライベートでも仲良しなネイリスト関根祥子さんのmojo NAILに」(美容エディター前野さちこさん)

FRaU2017年1月号

mojoネイリストの関根さんに質問!

ーーネイルアーティストとして大人気の関根さんですが、美容師を目指していたって本当ですか?

はい。1年くらい都内のサロンでアシスタントをしていました。でも、20歳の頃に体調を崩してしまい、止むを得ず実家に帰ることになってしまったんです。

ーーそれは残念でしたね。ネイルアートとの出会いは?

ちょうどその頃、地元の先輩がネイルサロンをオープンしたんです。半年間治療のため病院通いをしていた私は、時間を持て余していたのでよく遊びに行っていました。あるとき、その先輩から「作品(チップ)を一緒に作ってみない?」言われて、先輩に教わりながらやってみたのがネイルアートを始めたきっかけです。

ーーその後、そのサロンで技術を学んだのでしょうか?

いえ、アルバイトで貯めたお金で学校へ通いました。「スタジオ サンクチュアリ」という、マンツーマンで認定講師が教えてくれる短期集中型のスクールです。そこで勉強し、もちろん自宅でも何度も練習を重ね、NPO法人 日本ネイリスト協会(JNA)の資格を取得しました。

出典:
出典:

ーーその後は、どちらのサロンへ?

表参道にあるネイルサロンです。当時、都内では少しずつジェルネイルが出てきた頃だったんですが、私がいた地元・埼玉では、長いスカルプチュアに大きいストーンやパーツをゴテゴテに盛った“デコネイル”がまだ主流だったんですね。そこに違和感を抱いていた私は、サロンに勤めるなら都内しかないと思い、再び上京しました。22歳の頃でした。

ーーそのサロンはどのようにして探されたのでしょう?

ネットでひたすら検索したり、あと雑誌を見ていいなと思うところを片っ端から調べたり。いろいろ調べていると、私好みのポップなアートをしているサロンを見つけ、「ここだ!」と思い連絡をし、運よく働かせてもらえることに。そこで技術をまたゼロから叩きこんでもらいました。

ーーどのタイミングで独立を?

その表参道のサロンに1年半勤め、そこで一緒に働いていた尊敬する先輩が中目黒にサロンをオープンするというので、ついていったんです。その先輩のアートセンスに惹かれていた私は、彼女がいない店にいても意味がないと思って。3年たった頃、事情があって先輩がサロンを畳むことになり、そのタイミングで独立しました。

ーー「mojo NAIL(モジョネイル)」。独特の響きですが、名前の由来は?

ある本を読んでいたとき、ジャズ音楽か何かの記事で“mojo”という英単語を発見したんです。なんだか耳に残る響きだったので調べてみると、中毒性のある魔法、お守りを意味する言葉だったんです。それを読んだとき、「ちょっと中毒性があって、お守りのように思ってもらえるネイルにしたい!」と思い即決しました。

いい具合の“隙”といい意味での“違和感”

出典:

ーーデザインのアイデアはいつもどこから?

とくに「コレ!」といったものはなく、日常すべてから。お客さまのファッションだったり、旅先で見た建物の色だったり......頭の中にイメージがストックされていく感じです。

ーー旅がお好きだとうかがったのですが、どのくらいの頻度で?

年に3〜4回は旅に出ます。昨年は、ニューヨーク、アイスランド、フランス、ボリビアへ行きました。ネイルの視察ではなく、目的はあくまでも旅。

ーーデザインにおけるこだわりは?

まず、その人のファッション、ヘアメイク、トータルバランスを見て、ネイルでいい具合の“隙”を与えるようにしています。あと、いい意味での“違和感”。よく「mojoっぽい抜け感だよね」とか「間の使い方が好き」などとお客さまに言っていただけるのですが、まさにそういうことです。

出典:
出典:

ーー関根さんといえば、他にはない“色使い”が魅力ですよね。

父親がグラフィックデザイナーなのですが、小さい頃よく色見本帳で遊んでたんですよね。なので、“色”は私の中で常に身近な存在です。

ーーこれだけたくさんネイルデザインが浸透する中、どのようにしてオリジナリティを出しているのでしょうか。

常に、ネイルと関係性のなさそうなパーツを見つけては、どうすればネイルに落とし込めるか? どう見せるとおもしろいのか? を考えていますね。例えば、ワイヤーをそのまま使うのではなく、あえてつぶしてぺたんこにしてみたり。

ーー今後の目標はありますか?

ネイルを通じていろんなことに挑戦したい! 例えば、男の人も楽しめるネイルデザインを作ったり、アート的な要素を強めて個展を開いたり、アーティストとコラボして作品を作ってみたい。常に新しいことにトライし続ける自分でありたいです。

SALON DATA
mojo NAIL(モジョネイル)
東京都渋谷区猿楽町28-11 NEST代官山 1F DaB daikanyama 内 TEL:03-3770-2200(11:00~21:00、土曜10:00~20:00、日曜・祝日10:00~19:00 火曜休)

  • 2/3ページ
  • Icon paging first
  • 2

関連記事&キーワード