仕事後も元気見せ♡働く女子の「疲れ顔」解消TIPS&アイテム

BEAUTY HOLICS編集部 2019.3.27

働く女子の毎日はなかなかハード。仕事帰り、電車の窓に映る自分のぐったり顔を見て、気が遠くなった経験は誰もが一度はあるはず……。でも「疲れ顔」の原因の7割は、クマとくすみなんだとか! そこで今回は「疲れ顔」解消TIPSとアイテムをご紹介します♡

「疲れ顔」の原因はクマとくすみが7割!

出典:

激務や寝不足続きで疲労困憊な日に言われるのは仕方ないですが、自分的には元気なのに「疲れてる?」とまわりから指摘されたら、それはズバリお疲れ顔状態のサイン。どんよりしている印象を与えている2大原因が、クマとくすみです。クマとくすみを解消して、お疲れイメージを払拭しましょう!

【クマ対策準備編】クマができる原因をセルフチェック!

まずはクマができる原因を知ることから!

体の内側の問題?それとも外的要因?

出典:

「睡眠不足や冷えなどで血流が低下し、滞った血管が透けて見えている青グマと、紫外線や摩擦による色素沈着が原因の茶グマがあります。目尻を横に引っ張り、薄くなれば青グマ、変わらなければ茶グマ。ただし複合している場合もあるので、両方の対策を」(ウォブクリニック中目黒総院長 髙瀬聡子先生)

with2015年11月号

ポイントメイク落とし切れてる?

出典:

「『クマがとれない』と悩んでいる人、実はアイラインやマスカラがきちんとオフできておらず、色残りしているだけの可能性も。メイクが落ちにくいからといってゴシゴシこするのは絶対×。綿棒を使ってていねいに!」(ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん)

with2015年11月号

【クマ対策1】アイクリームをスキンケアにプラス

出典:

「目まわりの皮膚は薄くて乾きやすく、乾燥ぐすみで影っぽく見えることも。専用アイテムできっちり保湿することで乾燥やこすれによる摩擦も緩和できます。また塗るときに軽くツボ押しすると、肌をこすることなく血流アップが狙えて効果倍増」(ウォブクリニック中目黒総院長 髙瀬聡子先生)

with2015年11月号

「頰などと肌構造が異なるため、停滞性の高い専用アイテムがベター」(松倉HEBE DAIKANYAMA院長 草野貴子先生)

VOCE2017年1月号
  • 1/6ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード