実は乾燥がコンプレックスの神崎恵さんが辿り着いたツヤ髪ケア術

BEAUTY HOLICS編集部 2017.8.20

美容家・神崎恵さんといえば、ふんわりツヤツヤなロングヘアをイメージするはず。でも実は硬くて乾燥しやすい毛質なうえ、くせ毛というコンプレックスの持ち主だなんて想像もつきませんよね? そこで神崎さんが長年の努力と試行錯誤で辿り着いたヘアケア術を教えてもらいました。

2 お湯でしっかりと汚れを落とす

ココをおろそかにすると髪のキレイは手に入りません。ただ濡らすだけではなく、頭皮や髪の汚れを落とすつもりで念入りにしましょう。(神崎恵さん)

VOCE 2017年2月号
出典:

3  シャンプーは2回。頭皮と髪の汚れをしっかりオフ!

よく「毎日洗うのだからシャンプーは1回でいいのでは?」と聞かれますが、私の答えはNO。頭皮の汚れ、皮脂、そして髪に付着したスタイリング剤をきっちり落とすには、やはり2回洗いがベストです。指の腹を使い、頭全体をまんべんなくマッサージするように洗いましょう。(神崎恵さん)

VOCE 2017年2月号
出典:

「長年愛用! うるおいを守りつつも、頭皮がスッキリします」と神崎さん。美容業界人のあいだでも愛用率の高いシャンプーです。

4  トリートメントはダブル使いで集中ケア

まずは毛先から根本の5〜7センチ手前まで、ヘアセラム→トリートメントの順番に塗布します。次に毛先を少量ずつ束にしてからキュッとねじって、美容液の浸透力を高めるのがコツ。(神崎恵さん)

VOCE 2017年2月号

髪の根本にはトリートメントを塗布しないこと、ねじって浸透力を高めること。このひと手間で仕上がりに差がつきます。

出典: ヘアセラム

髪に塗布するとゲルカプセルが弾ける設計で、常にフレッシュな状態で使えます。

出典: トリートメント

「浸透力に優れたヘアセラムとトリートメントがあれば、冬の乾燥だって怖くありません」と神崎さん。キューティクルを整えて、毛髪の栄養成分の流出を防止してくれるトリートメントです。

5  ホットタオルとシャワーキャップで、髪への浸透をさらに高める

  • 2/5ページ
  • Icon paging first
  • 2
  • 4

関連記事&キーワード