顔ヨガ&コスメで予防・改善!アラサーからの「ほうれい線」対策

BEAUTY HOLICS編集部 2019.4.29

見た目年齢を左右するほうれい線は、深さが目立つと老け見えしてしまうことも。鏡を見て「あれ? こんなにシワ深かったっけ?」と感じたら、それはほうれい線対策スタートの合図! 深くなってしまう前に、あの手この手でほうれい線対策に乗り出しましょう♡

ほうれい線ができる原因は日常にも潜んでいる!

出典:

「ほうれい線は深いシワと思われがちですが、頰が重力によってたるんでできる境界線。たるみが原因なのです。最新の研究では、加齢にともない真皮が空洞化することで、肌の弾力が低下することもわかってきました」(資生堂ライフサイエンス研究センター 江連智暢さん)

VOCE2016年12月号

「横向きで寝る、頰杖をつくなどがほうれい線の原因となる場合も。スマホを長時間見ることで下向きの重力がかかり、たるみが進行する可能性も考えられます」(ウォブクリニック中目黒総院長 髙瀬聡子先生)

VOCE2018年2月号

「たるみほど深刻ではないけれど、肌が乾燥しているせいでできる表面的なシワにも注意が必要」(美容家 山本未奈子さん)

VOCE2018年2月号

ほうれい線の主な原因はたるみ。20代からほうれい線が気になっている人は、ケア不足や姿勢の悪さ、スマホの使いすぎなど、日々の何気ない行動がほうれい線の原因になっているのかも!? 取り返しがつくうちに対策を始めて!

たるみを引き上げてほうれい線を薄くする“顔ヨガ”

「ほうれい線が気になるなら、顔の運動不足! 『こめかみストレッチ』はたった10秒で顔が変わる速攻リフトアップ術。耳の上にある側頭筋を引き上げます。ほうれい線対策はもちろん、目もパッチリしますよ!」(顔ヨガ講師 間々田佳子さん)

with2016年10月号

プリッと上がったヒップを手に入れるにはヒップの筋トレが必要なように、頰のたるみをキュッと上げるなら顔の運動がマスト! 変顔が恥ずかしくても、鏡の前で思い切りやってみて。

教えてくれたのは、フェイスラインが美しい間々田佳子さん!

間々田佳子 顔ヨガ講師

タンゴダンス世界選手権 アジア大会 ステージ部門 チャンピオン(2010年)でもある表情筋トレーナー。顔ヨガ講師のほか、小顔・若返りのスペシャリスト、印象アップ・笑顔作りの講師として、テレビ、雑誌などメディア出演や、日本全国で講演を行う。著書は累計53万部を超えるベストセラー。

頬のたるみを引き上げる『こめかみストレッチ』

出典:

1 右手を左のこめかみに。ほうれい線が消える場所を探して、ぐーっと引き上げる。
2 引き上げたままゆっくりと頭を右に倒して、首筋全体を気持ちよくストレッチ。

出典:
  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード