【女子の薄毛対策】分け目が気になる!はシャンプー&洗い方で解決♡

BEAUTY HOLICS編集部 2019.3.1

薄毛が男性特有の悩みだったのは、昔の話。最近、薄毛に悩む女子が急増しています。どうして薄毛になるの? どうしたら髪を増やすことができるの? 女子の薄毛の疑問を髪の専門家・毛髪診断士で認定指導講師の伊藤憲男さんに聞きました。人には聞きづらい薄毛の悩みをこっそり解決しましょう。

髪をつくる健康な地肌づくりで、健康な髪がよみがえる!

出典: gettyimages

「髪の毛が薄くて、ヘアスタイルが決まらない」と、悩む女子は少なくありません。本来は薄毛になる年齢ではないのに薄毛が気になるなら、その原因はストレスかも。気になるアラサー世代の薄毛問題解決のポイントを教えます。

伊藤憲男さん アデランス 研究開発部次長

公益社団法人日本毛髪科学協会・毛髪診断士®認定指導講師。アデランスの研究開発部に所属し、商品の開発に携わる一方、育毛の啓蒙活動も行っている。

ときどき分け目を変えて毛根のクセをつけない

まず、薄毛で悩む多くの女子が気になるのは、分け目の薄毛。ここの髪の毛だけが抜けているわけではないのに、薄く見えるのはどうして?
「薄毛というと、髪が抜けることを想像される方が多いと思います。しかし多くの場合は、髪の毛が抜けたからではなく、髪が細くなっていることが薄毛に見える原因です。例えば、毛穴から髪の毛が2本生えていたとしても、細い2本と太い2本では全体的なボリュームが違って見えます。特に分け目の薄毛が気になるのは、毛が細くなったことで地肌が以前よりよく見えるから。分け目部分の髪の毛だけが細くなって、薄毛に見えるわけではありません。ただし、いつも分け目が同じなら、毛根にクセがついて、より分け目が目立って見える可能性があります。毛根が立てばふわっとボリュームが出て見えますが、毛根の向きにクセがついて寝てしまうと、地肌に張りついたようになり、地肌の印象が強くなるでしょう。分け目の薄毛が気になるようなら、ときどき分け目を変えるのがおすすめです」(毛髪診断士® 伊藤憲男さん)

ストレスで髪は細く、薄くなる!?

では、なぜ髪の毛が細くなるのでしょうか? まだ年齢的に髪が薄くなりづらい若い世代で髪の毛が薄くなったり、細くなったりする大きな原因のひとつがストレスだと言います。
「仕事や対人関係のストレスをはじめ、不規則な生活も体は大きなストレスを感じています。そのストレスが原因で血流が悪くなり、健康な髪を育てる環境を妨げている可能性も。また、髪は肌や爪と同じように、体の中でも一番最後に栄養が届く場所です。栄養は脳や心臓などの内臓から、筋肉、血管へと優先的に使われ、最後に余った分が肌と爪と髪に届けられます。ところが髪の毛は、細胞の分裂する量が体の中ではトップクラス。1本の髪の毛で1日1万回くらい分裂をしなければなりません。そのために必要な血液量は一日に約200mlともいわれています。つまり、不規則な食事で栄養バランスが崩れると、髪の毛に必要な量の血液中の栄養分を十分につくることができず、それが薄毛を招く可能性もあります」(毛髪診断士® 伊藤憲男さん)

1日1回2度洗い。洗うのは髪より地肌!

出典: gettyimages

そして、もうひとつの原因として考えられるのが、日々の間違ったシャンプー法。大事なのは髪の毛を洗うことよりも、地肌を洗うこと。
「髪の毛の健康を保つためには、髪を正しく洗うことはとても大切です。髪の毛は泡立てて洗うことよりも“すすぎに始まり、すすぎに終わる”と考えましょう。1日に1回2度洗いがおすすめです。まずシャンプー前にお湯だけで髪の毛に付着したホコリや煙を洗い流します。髪の毛の汚れのうち半分ほどはお湯ですすぐことで落ちるものです。そして次にシャンプー剤を髪に泡立てるようにつけて、全体に『髪を洗う』ことを意識して洗い、いったんここでもお湯ですすぎます。そして2度洗い。1度目よりも少なめのシャンプーを泡立てて、今度は『頭皮を洗う』ことを意識し、頭皮をマッサージする気持ちで洗いましょう。洗髪後はシャンプー剤が頭皮に残らないように、頭皮の汚れをしっかり落とします。そして毛先を中心にコンディショナーを塗布。コンディショナーは一般的には頭皮にはつけません。さらに大事なのはヘアドライです。何より地肌を十分に乾かしましょう。髪を乾かすことばかりに意識が向いている方が多いのですが、髪よりも地肌が大事。髪の表面ではなく、風を地肌に送り込むように地肌から乾かすことがポイントです」(毛髪診断士® 伊藤憲男さん)

シャンプーは地肌に優しいアミノ酸系を選んで

出典: gettyimages

また、髪の毛を育てる地肌のためにシャンプーを選ぶなら、アミノ酸系がおすすめだそう。
「アミノ酸系のシャンプーは比較的刺激が少ない洗浄成分です。逆に“ラウレス硫酸ナトリウム”など高級アルコール系と呼ばれる洗浄成分は、洗浄力が強く、人によっては刺激となることもあるため、積極的なおすすめはしていません。選ぶときに“サルフェートフリー”と書いてあれば高級アルコール系ではないものです。薄毛が気になるなら、髪のテクスチャーよりも、地肌への優しさでシャンプーを選んでみてください」(毛髪診断士® 伊藤憲男さん)
シャンプーや規則的な生活など、毎日のケアにこだわることが、薄毛悩みを解決する近道と考えて!

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード