脱ぽっこりお腹!にっくき「下腹」を凹ませるTips&グッズ

BEAUTY HOLICS編集部 2018.7.29

ぽっこり出ているだけで急におばさんっぽくなってしまう下腹。水着やパンツスタイルをかっこよくキメるためには、何としてでも凹ませたいですよね! そこで今回は、下腹を凹ませる筋トレテクや、毎日の生活に取り入れるだけでOKのギアなどをご紹介します。

10秒かけて息を吐きながら、両脚をそろえたまま、床ギリギリの高さまでゆっくり下ろしていきます。

3 頭・肩・背中を床につけたまま、息を吸って両脚を真上に戻す

頭、肩、背中が床から浮かないように注意して、5秒かけて息を吸いながら、両脚を真上に戻します。

【番外編1】汗もかけて一石二鳥!「湯船バタ足×10回」

出典:

1 両腕を後ろについておへそを覗く

湯船に座り、両腕を後ろについて上体を支え脚をのばして浴槽のフチにかけます。目を背けたくても(!?)、しっかりお腹を見ましょう。

2 そのままの体勢で、片脚ずつ上げ下げする×10回

片脚ずつアップダウン。キツイときは浴槽のフチに肘をかけ膝を曲げてもOKです。片脚10回を目安にしてくださいね!

プロが教える!意識するべき「筋トレのコツ」2つ

今までご紹介した筋トレを毎日続ければ、1ヵ月ほどで憧れの腹筋が見えてくるそう。コツをつかんで毎日続けて、目指せ! ぺたんこ下腹!!

筋トレのコツ1▷ちょっと辛いと思うぐらいの負荷をかける

「ちょっとツライと思うくらいが負荷の目安です。筋肉は鍛えたい場所に意識を向けると、効率よく鍛えることができます。だから、テレビを見ながらなどの“ながら運動”は避けて。また、自然に筋肉を意識できるまでは、効かせたい場所を手で触って行うのがおすすめです」(ソラーチェ代官山主宰 山崎麻央さん)

with2018年4月号

筋トレのコツ2▷筋トレを特別なことではなく“生活習慣”にする

「歯を磨くように腹筋運動を生活習慣の一部にしましょう。いつ行っても構いませんし、一度に全部やらずに、朝と夜など、分けて行ってもOK。1日のうちで、合計10分を目指して続ければ、美しい腹筋がつくれます!」(ソラーチェ代官山主宰 山崎麻央さん)

with2018年4月号
  • 3/5ページ
  • Icon paging first
  • 1
  • 3
  • 5

関連記事&キーワード