ふんわりも、ウェットもこれで完璧♡ヘアスタイリング剤の選び方

BEAUTY HOLICS編集部 2019.3.31

ヘアスタイルにアレンジを加えたい時に、大活躍してくれるヘアスタイリング剤ですが、ワックスやスプレー、バームなど、タイプの違うスタイリング剤をどのような場面で使えばいいかは迷いどころ。そこで今回は、代表的な6タイプ(バーム、スプレー、ワックス、ジェル、オイル、パウダー)のスタイリング剤の特徴と、おすすめの髪質や動きの出し方などについてご紹介します♡

タイプの違いを覚えて、ヘアスタイリング剤をより効果的に使おう

ヘアスタイリング剤とひとくちにいっても、テクスチャや効果はさまざま。それぞれのタイプによって適した使用場面があるんです! 今回は「バーム」「キープスプレー」「パウダー」「オイル」「ハードワックス」「ハードジェル」の6タイプのヘアスタイリング剤の特徴や使いどころをご紹介。シーンや気分によって最適なアイテムをチョイスして。

天然成分配合「ヘアバーム」は肌やボディの保湿にも使える

出典: おすすめのヘアバームはこちら

「ヘアバーム」はこんな時におすすめ!
●乾燥でパサパサ広がる髪を保湿しながらまとめたい
●ワックス特有のベタつきや重さがちょっと苦手
●肌や頭皮についても安心の自然派アイテムを使いたい

出典:

ワックスに比べてベタつかないのに、乾燥をケアしながら自然なまとまり感を与える「バーム」。最近では肌や頭皮についても安心な天然成分を高配合したアイテムも増えており、ナチュラル派の人にもおすすめです。天然成分由来のものなら、肌やボディの保湿にも使えます。

一日中崩れ知らず!「ヘアキープスプレー」はホールド力最強

出典: おすすめのヘアキープスプレーはこちら

「ヘアキープスプレー」はこんな時におすすめ!
●重さを出さずにスタイルをしっかりキープしたい
●汗をかきそうな日や雨の日に湿気で崩れるのがイヤ
●スタイル全体のキープと部分FIXを1個ですませたい

出典:

ホールド力の高さを重視するなら、キープスプレーがおすすめ。軽やかな使い心地で髪を湿気から守り、スタイルをしっかりキープしてくれます。固形のバームやワックスとは異なり、重たくならないのも◎。汗をかきそうな日や雨の日にも活躍してくれます。

ふんわり仕上がる♡「ヘアパウダー」はつぶれやすい髪の味方!

出典: おすすめのヘアパウダーはこちら

「ヘアパウダー」はこんな時におすすめ!
●根元にふわっとナチュラルな立ち上がりが欲しい
●エアリー感やボリューム感をさりげなく出したい
●髪や頭皮のベタつきをリフレッシュしたい

  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード