2018上期スキンケア「ベスコス」上位独占♡美白&UVコスメ

BEAUTY VOCE編集部 2018.8.13

VOCEベストコスメから、2018上期のスキンケアを総まとめ。美界に旋風を巻き起こした「美白&UVコスメがとにかくすごかった!」。ビューティエディター・入江信子さんと近藤須雅子さん、ビューティサイエンティストの岡部美代治さんの3人の美容賢者たちの本音トークをお届けします。

  • facebook
  • twitter

今期の最優秀賞、優秀賞は美白が独占!HAKU&ポーラの名品たち

A HAKU メラノフォーカス V [医薬部外品] B ポーラ ホワイトショット CXS [医薬部外品]

A “ベスコス”スキンケア部門最優秀賞、美白美容液部門1位。「使用実感と機能性が進化し続けているHAKU。今の美白分野のお手本のような化粧品」(ビューティサイエンティスト・岡部美代治さん)

B “ベスコス”スキンケア部門優秀賞、美白部門2位。「感触のよさや保湿力にも信頼度の高い美白美容液。毎日コツコツ使っていたら、今いい感じ!」(ビューティエディター・入江信子さん)

岡部 「今期の最優秀賞、優秀賞は美白美容液部門が独占。でもこれって順当だと思います。上半期は美白が気になる季節だってことだけではなく、最優秀賞のHAKU(A)、優秀賞のポーラ(B)はともにロングセラーの人気美白美容液を新たな技術で進化させた製品。例えばポーラの『メラニンは移動する』という発見へのアプローチのように、もともと信頼の厚いアイテムに最新研究で磨きをかける。このような過程を経た製品はやはり、消費者にとっても魅力的ですから」

近藤 「今の美白化粧品は、すでにハイレベルで“進化の頂点に達したのでは?”と思うほどの完成度。それなのに、毎シーズン、効果のスピード感や使い心地などが確実によくなっているのはすごいですね」

入江 「今あるシミだけでなく、肌質そのものを底上げすることに注力して作られたアイテムが光りました。たとえ1つのシミが化粧品によって薄くなったとしても、他の部分がキレイでなければ意味がないから。感触の良さや保湿力に定評があるHAKUAをはじめ、美白以外の面もとても優秀。そして、シミができる前に手を打つことすら、今の技術ならば可能なんです」

近藤 「アウトドアスポーツなどですでに紫外線をたくさん浴びていても、予防ケアとしてデイリーに使い続けていれば、ずっとシミのない肌でいられそう。そう期待できる実力派ばかりでしたね」

SK-Ⅱ、ランコム、SHISEIDOからは成熟、洗練のUVアイテムが

C ランコム UV エクスペールトーンアップ D SK-II アトモスフィア エアリー ライト UV クリーム E 資生堂 クリアスティック UV プロテクター

C “ベスコス”UVケア部門1位。「単に焼けないだけでなく、環境対策や酸化対策も当たり前のようにできます。なめらかでメイク下地としても優秀」(ビューティエディター・入江信子さん)

D “ベスコス”UVケア部門2位。「美容成分がたっぷりで、使うほどに肌質がアップします。使い心地もライトで心地よく、本当に申し分ないUV」(ビューティサイエンティスト・岡部美代治さん)

E “ベスコス”UVケア部門3位。「透明なフィルムみたいに薄いし、肌にフィットします。スキーなど日常より強い紫外線を浴びるときにも、安心して頼れます」(ビューティエディター・近藤須雅子さん)

入江 「選考で悩んだのがUV。この部門はこの10年で最も、成熟度が増したと思います。美白美容液部門と同じく、肌質向上すら叶う製品も多かった!」

近藤 「焼けないけど白浮きするとか、落とした後の肌がガビガビになるなんて、もはや過去の話。今では焼けないのは当たり前で、ケア効果や使い心地なども文句のつけようがないレベル。例えばSK‒II(D)には高いスキンケア効果があるし、ランコムは化粧下地(C)としても優秀。SHISEIDOEは不安になるくらい薄膜で快適だけど、本当に焼けない。今年のスキーでこれを使ったけど、全く焼けなくて驚きました」

岡部 「今期のUVは、特に粒ぞろいでしたね。使い続けることで10年後、20年後の肌が変わるような名品ばかり。昨年は水への強さに着目したアイテムが多く見みられましたが、今年の着眼点は摩擦。どれもより落ちにくくなり、パワーもアップしていました」

入江 「ランコムにしてもSK‒IIにしても大気汚染やそれに伴う酸化対策は今やデフォルト。その上で感触のよさや焼けなさもしっかり追求していて。環境対策のような一目でわかりにくい部分にまで注力できる、その点もUVケアの洗練ぶりの表れだと思います。」

まだまだ続く、美白アイテムの進化。下半期にも期待!

驚異的な進歩で旋風を起こした美白とUV。その進化はまだまだ続きそう。下半期はどんな美白アイテムが登場し、評価されるのか? 今から目が離せません!

VOCEベストコスメから、2018年上期のスキンケアを本音で語ってくれたのはこの方たち

入江信子さん ビューティエディター

知識も分析力もトップクラス

近藤須雅子さん ビューティエディター

ビューティ界の知的財産

岡部美代治さん ビューティサイエンティスト

科学者、ときどき「みよじ刑事」

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事