ヘア&メイク岡田知子の「白Tで洒落るメイク」vol.3

白Tに似合う♡アイメイクがポイントの大人パステルメイク

BEAUTY HOLICS編集部 2019.6.30

白Tというシンプルなファッションにこそ映える、トレンド&お洒落なメイクを岡田知子さんが提案! 森絵梨佳さんをミューズに迎え、簡単なのに大胆に印象を変えられる5つのメイクパターンをご紹介します。第3回目はパステルメイク。すべてのパーツをパステルでまとめながら、可愛い要素は極力おさえてビターで洒落た仕上がりに♡

パールやメタリックの質感を取り入れた「ビターなパステル」

ヘア&メイクアップアーティスト岡田知子さん曰く「まじめにパステルを提案してみました」。目元に目元だけじゃなくチークも、そして唇もすべてがパステル一色! なのに気負っていないのは、パーツごとに緩急をつけているから。「とくに大胆にしたのは、目元です。もう思いっきり、ためらわずに重ねてしまうのがコツ。そのかわり残りのパーツを抑えることで、強弱がついてバランスがよくなります」。

メイクのポイントは「目元は大胆に、他のパーツは力を抜いて」

キラキラとしたニュアンスのあるアイシャドウを大胆に重ねたアイメイクがポイント。シンプルな白Tにこそ似合うメイクです!

POINT1 アイメイクは4色パレットをフル活用

アイメイクは「真面目に、無駄なくグラデーション」。アイホール全体に左上のグリーンをブラシで塗り、眉尻の下に右上の薄いピンクをチップで塗ります。二重幅は右下のブラウンでチップで塗り、下まぶたの目尻から目頭まで左下の濃いピンクをチップで塗ります。

使用コスメ:SUQQU デザイニング カラー アイズ 12

大人のパステルが楽しめるスックのパレット。多彩なパールとメタリックの質感が今っぽい。

POINT2 肌をピンク色に染める温感クリームチーク

頬をピンクに染めるというより、肌をピンクに染める、と表現するのが正解。肌をピンクにしたほうが断然可愛く見えるし、それでいて子供っぽくなりません。スポンジに適量をとり、頬骨より少し下を起点として、トントンとスタンプを押すように広げます。

使用コスメ:キッカ フローレスフラッシュ ブラッシュ 07
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード