脱毛を始めるベストな季節!“光脱毛器”でおこもりケア5つ

BEAUTY HOLICS編集部 2019.1.2

肌の露出が増える季節になってから脱毛を始めるという人も多いと思いますが、脱毛後の肌はとてもデリケートになっているので、夏の強い紫外線や汗などによりダメージを受けてしまうことも。そこで、冬に始めるのがおすすめの脱毛法が光脱毛です。光脱毛は日焼けした肌には行えない場合があるので、肌が落ち着いた季節にケアするのが◎。今回は、自宅でのセルフケアにおすすめの光脱毛器をご紹介します。

1 コロコロ滑らせるだけ「レイボーテ Rフラッシュ プラス 」

出典: レイボーテ Rフラッシュ プラス(¥58000)

ローラーによる約0.2秒間隔の高速連射で全身のむだ毛処理が簡単&ラク〜に完了! 指やVラインなど狭いエリアも簡単ケア。

VOCE2018年8月号

広めの照射口とローラーで広範囲のケアも短時間で完了。付属のスポットヘッドを使用すれば、顔などの細かい部分のケアも◎。肌の色から適切な照射レベルを自動で判断してくれるオートモードもあるので、ホームケアが初めてという人でも安心して使えます。

2 自宅で本格光ケア「光エステ ES-WP80」

出典: 光エステ ES-WP80 (オープン価格)

1回の照射で2本のランプを連続発光させるWランプを搭載して、肌にやさしく、全身のお手入れ時間と頻度を大幅に短縮!

VOCE2018年8月号

ボディ用・フェイス用・ビキニライン用の3種類のアタッチメントが付属されているので、広範囲から細部のケアまでOK。照射口を肌に押し当てるだけで照射でき、そのままスライドさせれば連続照射も可能です。ムダ毛ケアをしながら美肌ケアもできて、使えば使うほどキメ感のあるスベスベ肌に♡

3 適切な光を10段階から自動調整「シルク・エキスパート」

出典: シルク・エキスパート シリーズ5 BD5003 (オープン価格)

光エネルギーでムダ毛のサイクルを断つサロン方式の自宅用。

VOCE2018年8月号

「やわらかフラッシュモードもあるので敏感な部位もおまかせ。」(美容ライター 橋本日登美さん)

VOCE2018年8月号

肌の色に合わせてフラッシュごとに照射量を自動で調節。腕や脚などにはボタンを押し続けて連続照射する連続フラッシュモードなど、ケアする部位や肌の敏感さに合わせて4つのモードが選べます。人間工学に基づいてデザインされているので、使い心地も◎。

4 ツールが豊富ですみずみまでケア「レイボーテ グランデ」

出典: レイボーテ グランデ(¥108000)
  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード