すべての女性のための偏愛ミュージアム

千吉良恵⼦さん直伝「新・囲み⽬メイク」で秋の⼤⼈ブラウンアイ

BEAUTY 2017.10.24

2017年の秋は、囲み目メイクがリバイバル。でも以前に流行したようなブラックのアイラインを使ったバッチリ囲み目メイクはもう時代遅れです。進化した囲み目メイクは、カラーを使ってソフトな印象に仕上げるのがポイント。人気ヘアメイク千吉良恵⼦さんが提案する、ブラウン系の色味でまとめた新・囲み目メイクとは?

やりすぎないのに印象的♡定番ブラウンパレットで作るソフトな囲み目

with2017年10⽉号

目元を強調しながらもナチュラルで自然な雰囲気を纏える「新・囲み目メイク」は、ブラウン系のカラーでこなれ感を出すのが今の気分。ふんわり優しい印象を与えつつ、目ヂカラもUPさせる進化した囲み目メイクなら、大人のデイリーメイクにもぴったりです!

「派手な色を使っていないのにパーティでもイケちゃう“ソワレ感”を引き出せるメイク。ポイントは、同じトーンのブラウンの濃淡で作ること。エッジが効きすぎず、やわらかい雰囲気をキープできますよ」(千吉良恵子さん)

with2017年10月号

使用したアイテムはこちら

with2017年10⽉号 ケイト「ブラウンシェードアイズN BR-1」

ベーシックなブラウンばかりを集めたケイトの優秀アイシャドウパレット。肌馴染みのいいテクスチャーと絶妙なパール感が、自然なグラデーションを作ってくれます。プチプラも嬉しい♡

with2017年10⽉号 THREE(スリー)「キャプティベイティングパフォーマンスフルイドアイライナー 02」

柔らかさの中にも凛とした強さを演出できる、ブラウンのリキッドアイライン。THREE(スリー)ならではの滑らかな描き心地と、肌に密着してよれにくいテクスチャーで、アイライン初心者さんにもおすすめ。

with2017年10⽉号 ディオール「パンプ&ボリューム」

まつ毛が驚くほどボリュームUPするディオールの究極のマスカラ。ボディを一押しすると適量のマスカラ液がブラシに含まれる構造で、使い切る最後まで滑らかな使い心地が続きます。

1 上まぶたはチップを下から上に向かって、シャドウをぼかすように動かして

with2017年10⽉号

パレット上段中央のベージュのシャドウを、上まぶたのまつ毛のキワからアイホールに向かってぼかすように広げます。チップをジグザグに動かすように。その後、上段右の濃いめブラウンを二重の幅に。上段左の明るいベージュは、まぶたの中央にのみONすることでまぶたの丸みを強調して。

2 細いチップを使って、目の周りを濃いめブラウンでぐるりと囲みます 

with2017年10⽉号

上段右の濃いめブラウンを細いチップに取り、目頭から目尻までぐるりとライン状にのせます。下まぶた全体にしっかり色をのせ、囲み感を強調して。

3 囲みラインをベージュのシャドウでなぞって発色を和らげて

with2017年10⽉号

上段中央のベージュのシャドウを太いチップに取り、濃いブラウンで囲んだラインの上に重ねるようにのせて発色を和らげます。目尻の終わりまでしっかりと色をのせて。

4 アイラインとマスカラで目元の印象をUP!

with2017年10⽉号

ブラウンのシャドウで上下のまぶたにインサイドラインを入れます。マスカラでまつ毛に束感を出して印象的な目元に。

こちらのアイシャドウパレットもおすすめ♡

with2017年10⽉号 マキアージュ「ドラマティックスタイリングアイズ BR505」
with2017年10⽉号 ルナソル「シャインフォールアイズ 01」

赤系ブラウンで作る囲み目は、はかない雰囲気が秋デートにも♡

VOCE2017年10月号

「シャドウは赤みブラウンで縦グラデをつくり、目尻をタレ目に。チークも縦方向に入れ、泣いたときのような赤みを加え、メイク全体を色薄肌にスーッと溶け込ませつつクラシカルな表情に。眉も赤系でまとめ、はかなげな女性像を演出します」(千吉良恵子さん)

VOCE2017年10月号

使ったのはこちら

VOCE2017年10月号 ジルスチュアート ビューティ「リボンクチュール アイズ 19」

ブラウン系グラデーションが作れる4色の定番カラーに、アクセントとなる赤みブラウンがプラスされた5色セットのパレット。ふんわり軽くなめらかなつけ心地で、上品な色っぽさを演出してくれます。

赤みブラウンの縦グラデでたれ目風のクラシックな目元を作る方法

VOCE2017年10月号

パレット左上のピンクを上まぶた全体に広げたあと、右上のピンクゴールドをアイホールの目頭側1/3に、左下のブラウンを目尻側1/3にのせて縦のグラデーションをつくります。下まぶたは、目頭側1/3に右上のピンクゴールドを。パレット中央の赤を、目尻を囲むように二重の幅にのせたら、下まぶたの目尻部分をたれ目風に指でぼかします。

VOCE2017年10月号

ギャル風はNG!イマドキ囲み目はナチュラルに軽やかに!

with2017年10⽉号

ナチュラルメイク全盛だけど、いまいち目ヂカラが出ない! 小さい目を大きくぱっちり見せたい! そんなアイメイクの悩みを解決してくれるのが、ブラウンを使った新・囲み目メイク。今っぽい自然な雰囲気はそのままに、柔らかさと強さが同居する印象的な目元をつくってくれます。漆黒のアイラインで太くグルグルと目元を囲んだメイクは、ギャルっぽさが際立つので御法度ですよ! 

HOLICS編集部

この記事のキーワード

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事