《奥二重向け》季節問わず使える基本メイク&カラーアイメイク術

BEAUTY HOLICS編集部 2019.10.4

「奥二重の上手なアイメイク法が分からない!」「ついついアイメイクが濃くなってしまう……」と狙い通りの目元が手に入らず悩んでいる人も多いのでは? そこで今回は、奥二重さんの目力をアップする基本のアイメイク法を公開! アイシャドウ・アイライン・マスカラの選び方&使い方、応用テクニックも紹介します。

奥二重さん向け!“ぱっちりアイ”が叶うアイメイク術を公開

目力をアップしようとアイメイクを頑張ったのに、むしろ目が小さく見えている気がする……そんな奥二重さんにありがちな悩みは、アイメイクのテクニックで解決できます。今回は、奥二重さんのタテ幅を強調して、ぱっちりアイが叶う基本のアイメイク術を公開! 毎シーズン変わるトレンド色の上手な取り入れ方も紹介します。

奥二重さんは輪郭を“ぼかす”のがタテ幅を強調するポイント

出典:

日本人の奥二重さんに多いのが、目の横幅が長く、切れ長な印象を与えるアーモンドアイ。“囲み目”をすると、目のタテ幅がさらに狭くなるタイプです。

出典: 奥二重さんのアイメイクのポイントは?

奥二重さんのアイメイクのポイント1:単色シャドウで自然なグラデ

上まぶたはブラウンの単色ラメシャドウで明るく、軽やかに。まぶたのキワに同じシャドウを重ねてグラデーションにすると、目元を自然に強調できます。

奥二重さんのアイメイクのポイント2:アイラインは目尻のみ

アイラインは上まぶたのインサイドと、目を開けたときに二重幅がちゃんと見える目尻だけでOK! 最低限で効果的に入れるのがポイントです。

奥二重さんのアイメイクのポイント3:下まぶたにカラーを!

下まぶたの黒目下に、“粘膜”を彷彿とさせる赤み系カラーを入れましょう。目が丸く見えるとともに、輪郭がぼんやりしてタテ幅が広がって見えます。

奥二重さんにおすすめのアイメイクを実践!

出典: 使用するアイテムはこちら

A・エスプリークの「セレクト アイカラー N BR302」は、ナチュラルなウォームブラウンのアイシャドウ。ダイヤモンドとパールのチカラで、目元に繊細で上質なきらめきをオンできます。
B・イミュの「アイプチ フィットカーラー」は、一重・奥二重専用のカーラー。日本人のアイホールにぴったりフィットする形状で、まぶたに隠れたまつ毛も根元からしっかりとカールします。
C・ヴィセ リシェの「メルティシャープ ジェルライナー BK001」は、インサイドのラインを描きやすい1.5mmの極細ジェルアイライナー。スムースタッチのオイル入りで、薄いまぶたにひっかかることなくキレイなアイラインをなめらかに描けます。
D・デジャヴュの「ラスティンファインa クリームペンシル ダークブラウン」は、クリーミーなのににじみにくいペンシルタイプのアイライナー。楕円形の芯を採用し、極細から太めまで狙い通りのアイラインを描けます。
E・ヒロインメイクの「ロング&カールマスカラ スーパーWP 01」は、上向きカールが一日中持続するウォータープルーフタイプの漆黒マスカラ。ブランド史上最長のロングエクステファイバーを配合し、重ねるほどに長くのびてダマのない美まつ毛に導きます。
F・ルナソルの「グラムウィンク 03」は、うるみアイを作れるオイルベースの赤シャドウ。濡れたようなツヤと光の効果で、みずみずしく立体感のあるアイメイクが完成します。

  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード