季節の変わり目を乗り切る「超保湿ケア」で乾燥肌をレスキュー!

BEAUTY HOLICS編集部 2019.3.12

空気が乾いている冬はもちろん、季節の変わり目の時期は、花粉やPM2.5の影響などでゆらぐお肌に悩まされる人も多いはず。カサカサ・ゴワゴワ肌をそのままにしておくと、見た目の印象ダウンはもちろん、肌の老化を早めることにもなりかねません! そこで今回は、うるおいをしっかり閉じ込める「#超保湿ケア」で対処法をレクチャー。お肌に合わせたケアで、肌トラブルを防いでいきましょう!

うるおいを逃さない「超保湿ケア」で肌本来のバリア機能を強化!

出典:

肌の乾燥が気になるときは、普段通りのケアではNG。乾燥が深刻な冬や、季節の変わり目ゆらぎ期の肌を放置すると、どんどん肌の水分は奪われてしまいます。肌の水分を守るための大事なキーワードが「保湿」。洗顔からマスクなどによるスペシャルケアまで、保湿重視のスキンケア方法をご紹介します。

#超保湿ルール①:“落とす”もうるおい基準

「洗いすぎは季節を問わず肌を乾燥させる原因ですが、冬はより一層の注意が必要。洗浄力が高いものは避け、しっとり洗えるものを選んで。乾燥肌の人はW洗顔不要なものを」(ウォブクリニック 中目黒院 総院長 髙瀬聡子先生)

ViVi2019年1月号

\クレンジング/

うるおい基準で選ぶならクレンジングはミルク

うるおいを守りつつメイクをしっかり落としたいなら、クレンジングはミルクが正解。濃いめメイクの日はバームがおすすめですが、毛穴に残りやすいためW洗顔はマストです。

出典: / おすすめのクレンジングミルクはこちら

ミルクは肌への刺激が弱く、ノーマル肌~乾燥肌の人におすすめ! ほどよい保湿力で皮脂を取りすぎることなく洗えるのが特徴です。ただ、オイルに比べるとややメイクになじみにくいので、使用の際は時間をかけてやさしくなじませるのがポイントです。

◎メイクが濃い日は“ミルク⇒バーム”が正解!

濃いめにメイクをした日は、毛穴に詰まった化粧汚れを落とせるよう、油分が多いバームがおすすめ。

出典: おすすめのクレンジングバームはこちら

硬めなテクスチャーのバームは、力ずくでなじませずに手でしっかり溶かしてから肌になじませるのがコツ。流したあとは、洗顔料を使ったW洗顔を忘れずに。

\洗顔/

  • 1/5ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード