効果テキメン!簡単に小顔になれる「顔のゆがみ」矯正バイブル

BEAUTY HOLICS編集部 2017.10.6

美意識の高い女子なら、いつもシャープな輪郭でいたいもの。輪郭が崩れると、太って見えたり老け顔に見えたり。見た目の印象を大きく変えてしまいます。そもそも輪郭が崩れるのは「顔のゆがみ」のせい。その原因に迫り、効果テキメンの簡単マッサージやお助けグッズをご紹介します。これは顔のゆがみを矯正して、小顔美人になるためのバイブルです。

そもそも顔のゆがみの原因って?矯正できるもの?

出典:

見た目年齢を一気にアップさせてしまう、あごのたるみやほうれい線。年齢を重ねても見た目年齢があまり変わらない人は、輪郭がそんなに変わってない人です。輪郭が崩れる原因は、顔のゆがみ。実は、普段のなにげないクセや習慣で顔はゆがんでいきます。でも、もしゆがんでいても大丈夫! 顔のゆがみは自分で矯正することができます。今すぐできる簡単マッサージやお助けグッズを上手に取り入れて、自分で気づいていなかったちょっとしたクセを直すだけでも、ゆがみ知らずの小顔美人へ第一歩を踏み出せます。

顔のゆがみにもタイプがある!パターン別簡単矯正法はコレ

まず、自分の顔のゆがみのタイプを知りましょう。じっくり自分の顔を観察してみて。鏡で見てもいいけど、写真で見ると客観的に自分の顔のゆがみ具合を知ることができます。笑った顔とか真顔とか、いろいろな表情をなるべく自然な状態で。そうすると、よりリアルにわかるはず。ゆがみタイプ1~3に当てはまったら、それぞれのゆがみ矯正法にチャレンジ!

出典: ゆがみタイプ1 非対称スマイル

笑顔のとき、普通に笑ってるつもりなのに左右の口角の高さが違う「非対称スマイルタイプ」。このタイプの人は、下がっている方の口角を上げて1分間キープする「逆口角上げレーニング」でゆがみ矯正。さらに、食べるとき、左右両側でバランスよく噛むようにすると効果あり。

出典: ゆがみタイプ2 眉間シワ寄り顔

しかめてないのにしかめっ面? 悲しいことにいつも不機嫌そうに見えてしまう「眉間シワ寄り顔」。このタイプの人は、頬づえをついて「え」の口の形で「お」と発音する「頬上げトレーニング」でゆがみ矯正。発音するときに、顔が上に動かないように発音するのがポイント。

出典: ゆがみタイプ3 口角下がり顔

老け顔の代表格ともいうべきなのが「口角下がり顔」。このタイプの人は、上唇のリップがわりばしにつかないように1分間くわえる「わりばしトレーニング」でゆがみ矯正。わりばしが水平になるように意識して。

出典: わりばしトレーニング

4つの生活習慣を見直して顔の崩れ防止!ゆがみ矯正!

普段のなにげない生活習慣が顔のゆがみの原因に。あまり関係のなさそうなことが、顔をゆがませていることもあります。姿勢を少し意識をするだけでも、顔のゆがみに効果が。すぐできることばかりなので即実行!

立っても座っても正しい姿勢をキープして顔のゆがみ矯正

  • 1/9ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード