小林由依と一緒に!トップス&ゆる巻きでめざせ“ちょっとイイ女”

BEAUTY with編集部 2019.1.31

パッと見でその人の印象を決める重要な要素が、「ヘアスタイル」と「トップス」。「ちょっとイイ女」を目指すなら、女っぽヘアの代名詞・“ゆる巻き”のアレンジを、トップス別にマスターしましょう♡

「ヘアスタイル」と「トップス」は第一印象を左右する大事な2大ポイントですよね。そこで、女っぽヘアの代名詞・“ゆる巻き”のアレンジを、トップス別にレクチャーします。これをマスターすれば、あなたもすぐに“ちょっとイイ女”に!

教えてくれたのは:吉﨑沙世子さん ヘア&メイクアップアーティスト

ファッションに合うよう計算されたヘアメイクで、モデルや女優からの指名も多い。そのテクニックは必見。

甘めなブラウスの時、ブリブリになりすぎない巻き方を知りたい!

全体を巻かずに毛先だけ、しかも細めカールにするとこなれ感が出ます。

巻きのボリュームを控えめにするのが、甘く見せないコツ。『細長カール』は意外と簡単だから、ぜひ挑戦してみて。最後に手でほぐして適度に崩すのも、ゆるさを出すポイント。

【How To】

1.少量の毛束を内巻きに
一回に取る毛束は少量に!  中間あたりをコテで挟み、毛先までくるくると巻きつけます。

2.すぐに一巻き分コテから外す
コテを持った方の手首を返しながら、巻きつけた毛束をすぐに一巻き分だけコテから外します。

3.毛先に向かって引っ張る
髪が長い人は2を繰り返して。毛先をコテで挟んだ状態で下方向に引っ張ると、細長カールに。

同じコテでも巻き方ひとつでこの違い!

理想的なのは左の細カール
大きめカール(右)に比べて、細くて縦に長いカール(左)の方がナチュラルで今どき!

  • 1/5ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード