自分だけの香り♡パリ発アロマコスメ「ホイヘンス」@表参道とは

BEAUTY HOLICS編集部 2018.1.8

リラックスタイムに欠かせない“アロマコスメ”の中で、いまジワジワと注目を集めているお店があるんです。それは、日本ではまだ珍しい“ビスポークスタイル”を取り入れたパリ発のフレグランスショップ「ホイヘンス トウキョウ(HUYGENS TOKYO)」。一体どんなお店なの? 気になる全貌をお届けします♡

心地いいアロマの香りに包まれながら、顔やボディをケアしている時間って、まさに「女子に生まれてよかった♡」と感じる至福のひとときですよね。そんな気持ちに寄り添う数あるアロマブランドの中でも今、“ビスポークコスメ”で話題のフレグランスショップ「ホイヘンス 」が特に気になる!

そもそも“ビスポークスタイル”って何?

出典:

“ピスポークコスメ”として注目を集める「ホイヘンス(HUYGENS)」。“ビスポーク”とは、職人により仕立てられた洋服を指します。つまり、オーダーメイドということ。「ホイヘンス」は、好きな精油を選んでから香りを調合する“ビスポークスタイル”を取り入れている、日本では珍しいお店なんです。

商品はすべて無香料でフランスから輸入され、お客さまのオーダーを受けてから、店内に併設されているラボで調合します。調合される精油は、ラボ内にあるワインセラーで一定の温度で保管され、酸化することなく調合されるため、鮮度が高く、精油のエネルギーをダイレクトに感じることができるとして、話題を呼んでいます。

インスタジェニックな外観がとびきりキュートなお店へいざ潜入!

表参道駅から徒歩1分。アイコニックなブルーの外観と同じくブルーの“ホイヘンスカー”が目印です。

2013年、パリのマレ地区に誕生した「ホイヘンス」は、大手化粧品メーカーで商品開発と調香の経験を積んだダン・シンズが手がける“ビスポークコスメ”ブランド。天然由来100%のBIOコスメは、ボディ、スキンケアアイテムからバスケアやホームケアまで多彩なラインナップ。誕生以来人気は瞬く間に広がり、フランスのみならず、世界から注目される存在に。その後、2016年にパリ本店に次ぐ2号店が、東京・表参道にオープンしました。

2号店が、なぜ東京だったのか? それにはきちんと理由があるんです。実は、「ホイヘンス トウキョウ」代表の山川さんが旅行でフランスを訪れたとき、たまたま道を歩いていてお店を見つけたのがきっかけ。日本にはまだ浸透していない“ビスポークスタイル”に一瞬で魅了された山川さんは、ぜひ2店舗目を東京に! と熱い想いをパリ本店のオーナー・セバスチャンさんに伝え、ものの1年足らずで表参道にオープンさせたのです。 

山川硫司さん ホイヘンス トウキョウ代表

19歳の頃、サンフランシスコ留学中にさまざまなコスメに出合う。帰国後は、化粧品やレザー製品などを扱う輸入関係の仕事に就く。2014年フランスを旅行中に「ホイヘンス」をたまたま発見。世界第2店舗を東京・表参道にてオープンさせる。

店内へ足を踏み入れると、床材の異なる2つのコーナーが。向かって右手は、“ビスポークスタイル”を取り入れたコーナー。左のコーナーでは、ルームフレグランスやアロマキャンドル、精油、スクラブなどすでに香りが調合されたものを販売しています。

代表・山川さんに質問!「ホイヘンス トウキョウ」ができるまで

ーーパリを旅行中に見つけた「ホイヘンス」。やはり惹かれた理由は、“ビスポークスタイル”にあるのでしょうか。

はい、その通りです。“ビスポークスタイル”の香りを提供する店は、日本ではかなり珍しいというのもあって、「これはぜひ日本に持ち帰りたい!」と思い、オーナーのセバスチャンにその場で伝えたんです。でも、そのときはまだ海外展開を考えていないとのことだったので、「近いうちに実現すればいいな」くらいの気持ちでした。

ーーとはいえその後、ものの1年足らずで表参道にオープンさせた、その経緯は?

帰国後、半年くらいしてパリ本店のオーナーセバスチャンから、「日本に店を出したい」と突然電話がきたんです。予想外の展開に正直驚きましたが、すぐさまセバスチャンを日本へ招致。急きょスタッフを集め、物件探しなど市場調査をスタートしました。

ーー現在の店舗に決めた理由は?

「ビスポークスタイル=その場で香りを調合する」となると、ラボが必要。ラボの様子を外から眺めることができる造りが理想だったので、とにかく歩きまわって見つけたのがこの物件でした。

でも、当時は別店舗が入っていたので諦めていたんですね。なかなかいい物件にめぐり合えず、店舗以外の話だけがどんどん進んでいって......「いよいよ店舗を決めないとまずい!」となった矢先、この物件が空くと不動産屋から連絡が入ったんです。

ーーまるでめぐり合わせたようなタイミングですね。“ビスポークスタイル”の魅力は何でしょう?

その場で精油を混ぜるので、鮮度が高いこと。精油を取り入れたコスメは、今やどこででも手に入れることができます。でも、こんなにもダイレクトに精油のエネルギーを感じられるのは、他にはありませんから。

実際に、“ビスポークコスメ”を作ってみました!

1 まず、フレグランスを選ぶ

  • 1/5ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード