1週間で肌を変える!コスメの効きが倍に!?“正しい保湿”講座

BEAUTY VOCE編集部 2018.10.28

年齢とともに乾きやすくなる肌……。でも、その理由と対処法をきちんと押さえておけば、大丈夫! 正しい保湿ケアを続ければ、1週間で肌が変わり始めたのを実感し、やり方次第ではコスメの効き目が倍になるかも♡ 数年後の美肌のために、正しい保湿ケアをマスターして。

  • facebook
  • twitter

秋から冬のアラサー肌は1年で最もケアが必要

自覚がなくてもインナードライに!

データ出典:ポーラ
アベックス 2010〜2013年 初回スキンチェック結果より n=1,345,683(20代〜60代女性)

「上の図は角層のはがれ方を示したもの。悪い状態ほど肌の潤いが低いことを意味します。9月から10月にかけて一気に角層状態が悪化しているのがわかりますよね。つまり、表面に潤いを感じていても、夏の終わりから肌では乾燥が始まっているということ。いまからしっかり保湿をすることが、秋冬の肌を左右します」(ポーラ研究所 B.Aリサーチ センター 副主任研究員・後藤悠さん)

表面はツヤがあっても中はスカスカのリンゴ状態!

9月から角層の潤いは悪化しています!  知らないうちに乾燥が進んでいるのが秋の肌。
「表面は湿って見えても、中はスカスカの傷んだリンゴのような状態になっていることも」(今泉スキンクリニック 院長 医学博士・今泉明子先生)

いま正しい保湿ケアをすれば1週間で肌が変わり始める

見た目の印象は表皮が決め手

「肌のハリや弾力を左右するのは真皮ですが、見た目の美しさやメイクのノリなどに大きく影響を与えるのは表皮です。しかし外界との界面という性質上、さまざまな外的刺激にさらされ、ダメージを受けやすい部分でもあります。さまざまな原因により表皮が乾燥してかたくなると、シワっぽさが出てきてしまいます」(花王 スキンケア 研究所 上席主任研究員・片山靖さん)

左:真皮に弾力があり表皮がやわらかい状態 → 指で押しても弾力肌のまま
右:真皮に弾力がなく表皮がかたい状態 → 指で押すとシワが出現!

アラサーはお手入れ次第で人と差がつきやすい

「30代は肌のハリや見た目の印象が大きく変わってしまいがち。適切なスキンケアをするかしないかで、今後の肌が決まってしまいます」(花王 スキンケア 研究所 上席主任研究員・片山靖さん)
「夏の疲れや秋の湿度低下などの影響をダイレクトに受けてしまうのがアラサー世代。でもそれだけ肌感度が高いわけですから、お手入れ次第で変えていくことが可能なんです」(ポーラ研究所 B.Aリサーチ センター 副主任研究員・後藤悠さん)

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

この記事のキーワード

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事