夏の肌こそ乾燥対策!保湿重視のUVケア&セルフケアのすすめ

BEAUTY HOLICS編集部 2018.5.6

「夏は乾燥と無縁!」なんて、思っていたら大間違い。オフィスの冷房や、バカンスへ向かう飛行機や新幹線による長時間移動など、湿気の多い夏も肌は乾燥にさらされています。それに加え、日焼けや紫外線による刺激があったりと、冬以上に潤いを失っていることも!

頬や口まわりなど、乾燥した部分をピンポイントでセルフケア。保湿だけでなくバリア機能があるものを選ぶとさらに効果的です♡

A3 夏の終わりのくすみ&カサつきは、美白系のパックで阻止せよ!

「夏は汗のベタつきをうるおいと勘違いしてスキンケア不足になっている可能性があります。パックでたっぷりとうるおいを与えましょう。メラニンの排出も促す美白タイプがおすすめです」(ウォブクリニック中目黒 髙瀬聡子院長)

with2017年9月号
出典: 右・メナード フェアルーセント 薬用パック ホワイト〈医薬部外品〉 110g 左・クリニーク イーブン ベター ブライター モイスチャー マスク(医薬部外品)98g

一日の終わりには、セルフケアも欠かせません。たっぷりの潤いと栄養を肌に与えてあげましょう。シートマスクもお手軽で便利ですが、肌をしっかりと包み込むクリームタイプのパックで肌をサポートするのも◎!

A4 入念な保湿が原因で吹き出物が……なんてときは、油分抑えめケアに切り替えを!

「たっぷり保湿して吹き出物ができた場合は、油分過多になっている可能性が。丁寧に汚れを落とし、クリームの代わりに油分控えめの保湿ゲルを使ってみて!」(ウォブクリニック中目黒 髙瀬聡子院長)

with2017年9月号
出典: 右・トランシーノ薬用クリアウォッシュ(医薬部外品)100g 左・クリニーク モイスチャー サージ EX 29g
出典: 1 たっぷりの泡でやさしく汚れをオフ
出典: 2 保湿ジェルを顔全体にのばして、ハンドプレスで浸透

きめ細かい泡で余分な角質や黒ずみを落とし、保湿ジェルで水分を保湿&キープ! クリームに比べて油分が控え目なジェルが、夏の保湿ケアにおすすめです。

A5 目元の乾燥には、うるおい系コンシーラーでケア!

「乾燥してファンデーションがヨレたら、保湿もできるコンシーラーの出番です。どんよりくすみがちな目元もいきいきとした印象に!」(トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん)

with2017年9月号
出典: rms beauty アンカバーアップ 11 5㎖
出典:
  • 2/4ページ
  • Icon paging first
  • 2
  • 4

関連記事&キーワード

この記事のキーワード