仕事しながらできる“ちょこまかスキンケア”で脱・お疲れ顔!

BEAUTY HOLICS編集部 2019.3.4

エアコンで乾燥した空気や否応なく溜まるストレスなど、大人女子の美容にとって大敵だらけのオフィス。でも、工夫次第で美しさをキープすることはできるんです! 今回は仕事をこなしながらキレイにもなれる一石二鳥なテクニックを、ユニークな理論で話題の美容ジャーナリスト・鵜飼香子さんに教えていただきました!

今すぐできるテクニックが満載!仕事しながらスキンケア13

急なトラブルからの一発逆転よりも、「未然に防ぐ」 が美容の基本。毎日の小さなケアを習慣化すれば、 肌の曲がり角を迎えてから急に焦る事態にはなりません! スキマ時間を有効活用して行う「仕事しながらスキンケア」は、どれも無理なく実践できる簡単なものばかり。家事の合間にも応用できるので、できるものから早速取り入れて♡

その1 デスク脇に鏡を置いて口角アップのトレーニング

出典:

「険しい顔で表情ジワが刻まれる......なんて悲しい事態にならぬよう、業務中も笑顔をキープ。電話対応中も口角が下がってないか、左右のバランスも含めて確認!」(美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん)

with2019年3月号
出典:

自分のデスクで作業をしている時は、つい気を抜いて険しい顔になってしまいがち。常に意識できるよう、いつでも目に入るデスク脇に鏡を置くのがポイントです。

その2 水は飲む美容液。1日2ℓを目安に

出典:

「水をたくさん摂っていると肌が乾燥しないんです。お茶やコーヒーではなく真水を、午前中だけで500㎖を1本空けるのが理想」(美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん)

with2019年3月号
出典:

芳香植物を原泉水で水蒸気蒸留し、エッセンシャルオイルをつくる際に同時に抽出される「フローラルウォーター」。1日あたり1.5ℓの水にキャップ5杯分を入れて飲むだけで、ハーブの風味と効能が期待できます。カモミールの香りは心を落ち着かせてリラックスしたい時に。ジュニパーの香りは若木のフレッシュな香りで、利尿と解毒作用が期待できます。

その3 USB式の湯たんぽで血液をめぐらせる

出典:

「体が温まると血液がめぐって血色の良い顔に。さらに全身のめぐりも改善され、末端までツヤツヤに♡ 代謝もアップ」(美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん)

with2019年3月号
  • 1/5ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード