ウェーブ巻きを仕込んで完成!誰でも出来る簡単ヘアアレンジ術

BEAUTY JJ編集部 2019.7.25

この夏も引き続き、程よく肩の力が抜けた大人カジュアルが流行の兆し。特に巻き髪(ウェーブ巻き)をベースにしたヘアアレンジは、簡単なのにおしゃれ感と女っぽさをプラスできるのでおすすめです。そこで今回は、ミディアムヘアさん向けの巻き髪(ウェーブ巻き)の作り方と巻き髪を仕込んだヘアアレンジを2つご紹介。ヘアアレンジ初心者さんや、不器用さんでもコツさえ押さえれば失敗知らずの簡単アレンジなので、ぜひマスターして夏のファッションに洒落感と色っぽさをプラスして。

“表面だけウェーブ巻きを仕込む”がヘアアレンジの基本!

出典:

髪の表面だけをウェーブ巻きにするだけで、髪を下ろしてもまとめても程よいニュアンスがつけられます。髪全体を巻くと真夏にはちょっと暑苦しいボリューム感が出てしまったり、湿度でコロネ状にまとまってしまったりすることもありますが、ウェーブ巻きなら下ろしてサッと前髪をかきあげるだけで、ヘルシーでカッコいい髪型が完成します。

基本の「巻き髪(ウェーブ巻き)」のやり方

出典:

鎖骨に届く長さのミディアムヘアは、軽やかさもありつつ、一つ結びはもちろん高い位置でもお団子ヘアが作れるなどヘアアレンジをしやすいおすすめのレングス。まずは、ヘアアレンジをやりやすくするため、ウェーブ巻きを仕込みましょう!

出典: 1 髪の毛を3段に分け、下2段をワンカール

全体を上・中・下の3段に分け、32mmのコテでウェーブ巻きを作ります。下の2段は毛先のみをワンカールさせます。

出典: 2 上段のみ、髪表面を細かくカール

髪の表面になる上段のみ、細かく毛束を取って根元から巻いていきます。毛先は逃がす感じでカールするのがコツ!

出典: この2STEPで完成!

髪の表面だけにニュアンスをつけているので、程よくラフな感じの巻き髪が完成します。巻き髪ベースのお団子ヘアや、一つ結びヘアを作る場合はここまでで仕込みはOK!

出典: 巻き髪を仕上げるなら!

結ばず、巻き髪を大人っぽく仕上げたいなら、毛先と表面にハードワックスをなじませてから、温風でさっと水分を飛ばして。ふんわりボリューム感がアップし、軽やかな巻き髪ヘアに仕上がります。

「お団子ヘア」はウェーブと後れ毛のニュアンスで華やかに♡

  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード