人気ヘアメイク・長井かおりが悩み別に解決!大人の美眉メイクテク

BEAUTY VOCE編集部 2019.2.27

修整すべき問題は人によって違うけど、とにかく悩みが深い眉メイク。“それぞれの眉の個性を生かす”をテーマに、長井かおりさんがお悩み解決。“眉だけでこんなに変わる”が一目瞭然のテクを、4つのお悩み別にアドバイス!

長井かおりさん ヘア&メイクアップアーティスト

VOCE連載「美速トレーニング」でも、すぐに真似できて可愛くなれる実用的なテクを発表中。リアルな女子の悩みを解決するメイクレッスンも人気。 ●画像はVOCE2019年3月号のものです。

眉毛の位置取りがもったいない

目と眉の距離が近すぎると、ギュッと詰まった窮屈な印象になり、目ヂカラが埋もれる原因に。 眉山をきちんと取り、高さを上げれば、瞳がイキイキ輝きます。

眉山ができたら目鼻立ちがすっきり

出典:

「眉と目の距離が近すぎて、ぱっちり大きな目が生かしきれていません。ストレートな印象を強めて眉山をつくると、鼻筋が通って引き締まって見えるし、もっとあか抜けます」(長井かおりさん)

【How to】ガイドラインになる擬似眉を作成。擬似眉はリキッドで点のような線を少しずつ描き、スクリューでぼかして肌を染めるのが基本。まばらに生えた眉山にAでちょんちょん点を打つようにしながら、角度をつけて位置を上にずらす。トントンと押し込むようにBで清書。

出典: A:キャンメイク アイブロウリキッド 02 B:江原道 マイファンスィ ー パウダー アイブロウ 02

A:コシのあるフェルトペンタイプ。少し赤みがかったライトブラウン。
B:温かみのある赤みブラウン。ピタッと密着し、するする色がのります。結合すると長くなる筆が便利。

出典:

「眉が変わったら目がいつもより開いて見えます! 」(藤崎詩穂さん)

左右の形がアンバランス

左右の形を揃えるときは慎重さがとくに必要。上半身が映る大きな鏡の前で正面を向いて、左、右、左、右と左右少しずつ描き進めるのがポイント。カットする場合は素眉で判断せず、擬似眉を描いてからはみ出た部分を。

すっきり整ったやさしげ大人眉に

出典:
  • 1/3ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード