鮮やかなのに攻めすぎない!パープルアイラインで大人の魅力UP

BEAUTY HOLICS編集部 2017.8.28

夏になると無性に恋しくなるカラーメイク。とはいえ、どんな色を取り入れればいいのか、どの部位に使えばいいのか悩みますよね。そんな人に今年おすすめしたいのが、パープルアイラインです。鮮やかなのに攻めすぎない印象で、初心者さんでも程よいバランスに仕上げることができるんですよ。今回は、取り入れ方のポイントからおすすめのアイテムまで詳しくご紹介。ヴィンテージやレトロムードのファッションにもよく合うので、今どき感を満喫しちゃいましょう。

パープルアイラインの魅力とは?

出典:

パープルアイラインの魅力は何と言っても、バランスの取りやすさ。鮮やかだけどダークな色合いで、主張はするのに攻めすぎない、さりげないカラーメイクを楽しめます。瞬きをするたびチラッと見えるパープルアイラインで、女っぽさ&今どき感をUPさせましょう。

パープルアイラインどう取り入れるのが正解?

出典:

一言でパープルアイラインと言っても、その取り入れ方はさまざま。ほかのメイクとの合わせ方によって、印象ががらりと変わります。ここではとくにおすすめしたい活用例をご紹介していくので、早速見ていきましょう。

オレンジ×パープルで新鮮なカラーメイクを

出典:

今年っぽくパープルアイラインを取り入れるなら、アイシャドウは濃いめのカフェラテベージュを組み合わせるのが正解。アイシャドウは単色で、アイラインはカラーが際立つよう太めに入れましょう。アイシャドウとアイライン、両方とも赤みのある色合いで統一すると、ぐっとまとまりのあるアイメイクが完成します。

アイメイクの印象が強い分、チークとリップはさりげなくカラーをのせる程度でOK。チークはくすみピンク、リップは透け感のあるオレンジリップでライトに仕上げるのがポイントです。

くすみカラーのリップならレトロムードに

出典:

アイメイクはそのままに、プラムやダークレッド系のくすみリップにチェンジすれば、レトロムードあふれるおしゃれ顔が叶います。白やベージュなど明るいカラーのファッションと合わせると、ダークすぎずバランスの取れたトータルコーデが作れますよ。夏の終わりに一足早く、秋っぽさを取り入れたいときにもおすすめです。

ラメ感をプラスすればイベントメイクにも

出典:

フェスを中心に、夏は思いっきり派手感のあるメイクを楽しめるシーンが盛りだくさん。ラメシャドウやライナーをプラスすれば、印象的なイベントメイクが完成します。目元のインパクトが大きい分、リップはベージュや自然な血色のピンクを選びましょう。

  • 1/2ページ
  • 1

関連記事&キーワード

この記事のキーワード