韓国の最新“女子”情報を現地ライターがレポート!vol.3

話題の「韓方ダイエット」って何!?韓国の人気医師に直撃取材

BEAUTY HOLICS編集部 2019.7.15

みなさん、韓方(ハンバン)ってご存知ですか? 韓方は、韓国では古くから体調を整えるためのお茶や薬として使われてきたものです。その中には「ダイエット」にも有効なものがあると知った現地在住ライターが、自身も10キロの減量に成功し話題を集める韓国の人気韓方医師を取材! その魅力に迫ります。

「1ヵ月で平均-2.96キロを叶える」韓方のダイエット名医に取材!

イ・ヨンホ Onbody韓医院・院長

韓方を使ったダイエット専門医院「Onbody(オンボディ)韓医院」院長。独自に配合した韓方薬を用いて、自身も約10キロの減量に成功した経験を持つ。親しみやすいキャラクターで、体調・体型の悩みを丁寧に聞いてくれるためファンも多い。(2019年7月現在)

今回取材にご協力いただいたのは、そのダイエットプログラムを体験した人の96.1%が減量に成功したという論文を発表し、メディアでもひっぱりだこの人気医院「Onbody韓医院」のイ・ヨンホ院長です。独自に配合した韓方薬を用いて、ご自身も約10キロの減量に成功した経験を持つ、ダイエットに悩む女子たちの強い味方! 「韓方ダイエット」について気になることを洗いざらい聞いてきました。

「韓方(ハンバン)」って、そもそも何ですか?

ーー先生、本日はどうぞよろしくお願いいたします。まず「韓方(ハンバン)」とは、そもそもどんなものなのか教えてください。

韓方とは、もともと中国から伝わってきた漢方を、韓国の風土や体質に合わせて独自に発展・体系化したものです。韓国では、昔から、体調を整えるためにお茶として日頃から手軽に愛飲したり、韓医院で処方される韓薬を服用してきました。これは今でも根付いていて、韓国文化のひとつと言えそうです。市場に行けば、韓方が売られているのを見ることができますよ。

ーー確かによく見かけます! “韓方でダイエットをする”というのは、具体的にどういったことをするのでしょうか?

処方された韓方薬を、それぞれの用法・用量に合わせて服用していただくというのが一般的な方法かと思います。当院では、多様な韓方を独自に配合したダイエット韓方薬を用意しています。液体タイプの『減体湯(カムチェタン)』は、それぞれの体質を考慮した個人別の処方となり、粒タイプの『減体丸(カムチェファン)』は製造過程上、個人別の処方が出来ないため、すべての体質に合わせた一般的なダイエット薬です。それを食前30分~1時間に3回摂ってもらうだけです。効果としては、食欲を抑えることができたり、体内の脂肪の分解・減少が期待できます。また、カウンセリングで、機会を使って体脂肪や水分量などを確認するのですが、部分的なダイエットには、鍼や韓方薬を使った脂肪分解の注射や、クールシェーピングという機械などで施術することも可能です。

▲「Onbody韓医院」のカウンセリングルーム。体脂肪や血圧なども細かく計測しながら、その人に合ったダイエット方法を見つけることができる。

ーーダイエット韓方薬と一般的なダイエットサプリメントには、どういった違いがあるのでしょうか?

薬の違いでいうと、韓方薬は天然の植物などから作られたもので体にも優しい点と、西洋薬に比べて健康的に体質改善をしながら減量させることができるのが魅力ではないでしょうか。西洋薬は効果が高いものもある一方で、依存度が高かったり、副作用など体に対して害になってしまう部分もあるのが事実です。ただし、韓方にもデメリットはあって、効果の出が遅かったり、人によっては全く効かないという場合や、逆に強すぎて頭痛なども起こりえますので、その方のライフスタイルや体調・体質を見極めて選択することが大切です。

韓方ダイエットなら1ヵ月-3キロも夢じゃない!?

  • 1/4ページ
  • 1
  • 3

関連記事&キーワード

この記事のキーワード