ホホバオイルで美活♡使い方からおすすめアイテムまで徹底解説!

BEAUTY 2017.12.27

保湿効果が高く、美容アイテムにも多く使われているホホバオイル。スキンケアを中心に、今や美活に欠かせないアイテムとなっています。今回は、そんなホホバオイルの使い方からおすすめのアイテムまで詳しく紹介。意外と知られていない美容アイテムも登場しますよ。ホホバオイルを上手に取り入れて、より美しくなっちゃいましょう♡

  • facebook
  • twitter

ホホバオイルの美容効果がすごい!

出典:

保湿効果が高く肌に優しいと人気のホホバオイル。皆さんはどんなふうに使っていますか? 顔や腕に塗るのはもちろんですが、それだけじゃもったいない。ホホバオイルにはもっとたくさんの使い方があるんです。今回はそんなホホバオイルの使い方から、おすすめのアイテムまでご紹介します。

ホホバオイルの効果って?

出典:

ホホバオイルとは、ホホバという植物の実から取れるオイルのこと。ホホバ種子油と表記されることもあります。そんなホホバオイルにはさまざま効果がありますが、代表的なのが保湿効果。ひと塗りするだけで肌がしっとりし、乾燥から守ってくれます。実はこの効果は、ワックスエステルという成分のおかげ。

ワックスエステルは元々人間の肌にも含まれている成分ですが、加齢とともに減少し、乾燥やハリ不足の原因に。ホホバオイルにはそのワックスエステルが豊富に含まれているので、潤いのある若々しい肌が作れるんだとか。しかも、抗酸化作用のあるビタミンEも含んでおり、アンチエイジング効果も期待できる! もちろん肌にも優しいので、子供から大人まで、世代を問わず使えるアイテムなんです。

精製オイルと無精製オイルの違いって?

出典:

ホホバオイルに限らずオイル類には、精製品と無精製品が存在します。ホホバオイルの場合、精製オイルは無色透明で「クリアーホホバオイル」、無精製オイルは黄金色で「ゴールデンホホバオイル」と呼ばれています。

精製オイルのほうは、精製されている分アレルゲン物質が少ないと言われ、匂いも気にならないのがメリット。そのため、肌が敏感な人も安心して使え、アロマオイルなどと混ぜて使いたいときにも便利です。デメリットは、美容効果が低くなることと、ベタベタした使い心地になること。

一方、無精製オイルの方は、とにかく美容効果が高いとされるのがメリット。手を加えていないので、それだけたくさんの美容成分が含まれているそうです。ただし反対に、長持ちしなかったり、オイル特有のにおいが気になるデメリットもあるので要注意。

このようにそれぞれに違ったメリット・デメリットがあるので、自分の肌質や用途に合ったオイルを選んでくださいね。

基本中の基本!ホホバオイルの使い方7つ

ホホバオイルについて詳しく覚えたら、次は基本の使い方をご紹介。顔や手足はもちろん、ヘアオイルやマッサージオイルとして幅広く使えますよ。使うホホバオイルは一般的なものでOKですが、専用アイテムを使うとさらに効果がアップ。用途に合わせて分けてみてください。

1 かかとやヒジの乾燥に

出典:

空気が乾燥する季節になってくると、気になるのがかかとやヒジの乾燥。ガサガサ・ゴワゴワに悩んでいる人も多いのでは? そんなときはホホバオイルを塗ってみて。使い方は、お風呂上りなど肌がやわらかくなったときによく塗りこむだけ。これだけでしっとりやわらかい肌になれます。もっと効果を実感したい人は、スクラブなどで事前に古い角質を落としておくと浸透しやすくなりますよ。

2 オイル洗顔でメイクのりアップ

  • page 1 of 5
  • 1
  • 3

HOLICS編集部

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

FEATURE特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事