クレンジング&洗顔料の正しい選び方と使い方でおブス肌を卒業!

BEAUTY ViVi編集部 2018.4.23

化粧水や美容液選びにこだわっていても、クレンジングと洗顔料は、メイクや汚れが落ちればいいかなぁ……と、なんとなくで選んでいる人も多いのでは?  でも、その間違ったクレンジングや洗顔が、肌を傷つているかもしれません! キメの整った美肌を目指して、まずは普段のお手入れを見直してみませんか?   

  • facebook
  • twitter

間違ったクレンジング&洗顔を続けるとおブス肌に

正しいクレンジング&洗顔でおブス肌を回避

メイクや汚れ、皮脂が肌に残ったままだと、肌あれや炎症の原因になります。また、毛穴の皮脂が取りきれずに酸化してしまうと、黒ずみやニキビの原因になってしまうんです。その結果、肌の免疫力が下がって、老化を早めてしまうことも……。ただし、強い洗浄力で、肌に必要な潤いやバリア機能まで奪ってしまうクレンジング&洗顔料を使うことも、それはそれで肌あれの原因に!  汚れをきちんと落として、潤いはしっかり守る、自分の肌に本当に合ったクレンジング&洗顔料を使うことが大事なんです!

4タイプのクレンジングから自分に合うものはどれ?

クレンジングによって、洗浄力の違い、洗い上がりのしっとり感の違いなど、得意・不得意があるから、しっかりチェックして自分に合うものを選んでくださいね。

メイクがするっと落ちるオイルクレンジング

メイクから角質までオフするTHREEクレンジングオイル

メイクとのなじみが良く、濃いメイクもスルッとスピーディーに落ちます。ばっちりメイクをきれいにオフできる優れもの。基本的に、洗浄力が高めのものが多いので、洗い上がりの肌がパサパサになるか、ならいないかを見極めて選んでくださいね。

マイルドな洗浄力のミルククレンジング

バリア機能を守るネイチャーズウェイ チャントアチャームクレンジングミルクバリア

皮脂を取り過ぎず潤いを守ってクレンジングできます。水に溶けやすく、流しやすいところも魅力です。ただし、ばっちりメイクやウォータープルーフの日焼け止めは落ちきらずに残ってしまうことも。軽めのメイクの日におすすめです。

しっとり濃厚なクリームクレンジング

ベタつきもつっぱりもないポール & ジョー ボーテ クレンジング クリーム

油分が多く、乾燥肌におすすめのクレンジング。コクのあるクリームでマッサージしながらメイクオフします。ただし、肌にゆっくりなじませて水でしっかり洗い流して使うものなので、パパッと落としたい時には不向き。バスタイムにゆったりと楽しみながら使うのがおすすめです。

ささっと手軽にメイクオフできるシートクレンジング

  • page 1 of 4
  • 1
  • 3

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事