憧れは神山まりあさん&友利新先生♡その美肌の秘密に迫る!

BEAUTY VOCE編集部 2019.5.11

シミやくすみ、色ムラは、実は日焼けな自己流のケアで作られてしまったもの。だからこそ、正しいケアを始めれば、透明感は取り戻せるんです! 美しい肌を育てた白肌美女、モデルの神山まりあさんと皮膚科医の友利新先生のケアを参考に、今こそ美肌を手に入れて♡

出典:

メイクの邪魔をしないよう、日焼け止めは薄く均一に。目のまわりなどの細かいところもしっかりと、顔全体に塗って紫外線をケア。

出典: アンテリオス XL フリュイド

敏感肌も使える安心処方で最高レベルの紫外線防御力を実現。

④乾きを感じたら、すぐに保湿ケアを

出典:

乾燥が気になったら即、保湿ミストをシュッ。日中や寝る前も、こまめな保湿ケアをすることで、一日中潤ったツヤ肌をキープできます。

出典: ミノン アミノモイスト アミノ フルシャワー

メイクの上からも使えるミスト化粧水は日中の保湿ケアに最適。

プロならではの徹底ケア!皮膚科医・友利新先生

「あらゆるアプローチでメラニンの暴走をストップ!」

出典:

皮膚科医の友利新先生は沖縄生まれ。「沖縄はどんなにUVケアをしても焼けてしまうくらい生活紫外線がすごくて、高校生の頃は本当に肌が黒かった。大学進学とともに上京したのですが、ひどいニキビ肌になってしまって......」。その頃注目されていたビタミンC化粧水をニキビ跡の色素沈着ケアとして使っていたら、ニキビが改善され、肌が白くなっていくのを実感。「抗酸化力が高く、メラニンの還元作用もあるビタミンCは、マルチに働いてくれるので手放せません。美白ケアに成功するには、メラニンをいかに活性化させないようにするかが大切! 違うアプローチでメラニンの活性を抑える美容液を組み合わせると、美白ケアに加速がつきます」。
紫外線や大気汚染から肌を守るために、UVケアはしっかり行うこと。スキンケア時の摩擦は微細な炎症を引き起こし、シミやくすみの原因となるので、肌をこすらないことも重要。「自分の肌に必要なもの、効くものがわかってくると、必ず美白効果が出てきますよ」

①保湿&美白化粧水で美白ケアのベースをつくる

出典:
  • 2/3ページ
  • Icon paging first
  • 2

関連記事&キーワード

この記事のキーワード