美容通5人の、スキンケア&ボディケア“夏ダメージ回復”テク

BEAUTY VOCE編集部 2018.9.4

過酷な環境下で多くの脅威にさらされる肌とボディの夏に受けたダメージは、夏が終わらないうちにくまなく解決したいもの。そこで、美容通5人の「真似したいとっておきの美容術」を一挙公開! 今の悩みはもちろん秋に向けて即、実践してみて。

  • facebook
  • twitter

山本未奈子さん 肌のメカニズムを熟知した美の達人

夏に蓄積されたダメージの元凶を排出し、悩みのない肌に

「皮脂分泌が増えて汗もかく夏は、肌のコンディションが落ちてバリア機能が低下。大気汚染物質など外からの刺激を受けやすくなり、目に見えない微弱炎症を起こしている状態に。メニラン生成や肌老化を促すシグナルにもなりえる危機的な肌を美白ケアで鎮静。美容液は血行がいい状態で密閉浸透させるなどより効果的な使い方でトラブルのもとを解消します」

デイリーケアは、夏肌リセットに最強の抗炎症+美白コンビ

「メラニン生成を阻むWケア。ポーラはシートマスクにしてお風呂あがり、化粧水後の肌にオン。経吸収率をマックスに!」

左から、クリアアップ ホワイトムース、ホワイトショット CXS [医薬部外品]

ホワイトショット CXS:シミの根源にアタック。
クリアアップ ホワイトムース:抗炎症作用に優れた美容液は「すごく冷たいので物理的な鎮静効果も」。

山本未奈子さん

美容家。プロデュースしているシンプリスの「トータルプログラム 27」も、全身の夏ダメージの素早い回復になくてはならないサプリ。

髙橋ミカさん 効くケアを知り尽くすゴッドハンド

注視するのは水分代謝アップと、弾力感を復活させる肌メンテ

「夏場の冷房は、冷たいタオルでずっと覆われているような冷え方。体の奥が冷えて水分代謝が鈍ってしまうし、スマホなどで前肩になっているとこり固まってますます代謝が悪くなるので、リンパマッサージで代謝をサポートします。その際、肩を開いてワキを揉むと肩甲骨が動き、代謝促進に働く褐色脂肪細胞が刺激されるので、より効果的。また、陽射しを浴びて疲れた肌を鎮静化させつつ、肌の弾力線維をリペアする肌の奥からのケアも日々実行!」

  • page 1 of 3
  • 1
  • 3

ACCESS RANKINGアクセスランキング

LATEST TOPICS最新記事

FEATURE特集記事まとめ

RECOMMENDHOLICS編集部からのおすすめ

これいいと思ったらシェアしよう

HOLICS公式Facebookページ

HOLICS ORIGINALSオリジナル特集記事まとめ

ACCESS RANKINGアクセスランキング

BEAUTYビューティー

TOTALすべての記事